• 平日 9:30~21:00 / 土日祝 9:30~18:00
    ご相談の際はお近くのオフィスへのご来所が必要となります。

  • 離婚弁護士にお問い合わせはこちら
  • 離婚弁護士にお問い合わせはこちら
  • 離婚弁護士に無料相談 0120-666-694

解決事例

2017年10月10日更新 交渉により外国人の夫との離婚が成立した事例

40代/女性/会社員
  • 40代 女性 会社員

  • 離婚
  • 交渉
  • 慰謝料請求
  • 請求をした
  • 離婚原因 浮気・不倫
  • 子供 いない

ご相談に至った経緯

夫の浮気が発覚したため離婚を決意した。

ご相談内容

離婚するにあたって、原因を作った夫に謝罪してほしい。浮気相手の女性にも慰謝料請求をしたい。

ベリーベストの対応とその結果

まずは依頼者Aさんの要望どおり、夫に離婚と慰謝料等の請求をするとともに、浮気相手の女性にも慰謝料請求の通知書を送付しました。そうしたところ、夫に代理人弁護士がつき、夫としてもAさんの気持ちに沿う形で誠実に対応したいという態度であったので、Aさんのご意向を確認の上、浮気相手の女性への請求にはこだわらず、夫から謝罪と慰謝料を受け取る形での離婚の交渉を進めることにしました。
交渉に際しては、Aさんが浮気等により婚姻生活が継続できなくなったことについてどれだけ精神的苦痛を被ったか、どれだけ人生設計を狂わされたかということを説得的に相手方へ伝えて、相手の反省を促しました。
その結果、Aさんが事前に収集していた証拠が有効であったこともあり、夫は全面的に自己の非を認め、謝罪をした上で、慰謝料等の金銭給付として700万円の支払義務を認めました。

PAGE TOP