• 平日 9:30~21:00 / 土日祝 9:30~18:00
    ご相談の際はお近くのオフィスへのご来所が必要となります。

  • 離婚弁護士にお問い合わせはこちら
  • 離婚弁護士にお問い合わせはこちら
  • 離婚弁護士に無料相談 0120-666-694

解決事例

2016年12月27日更新 確定申告上所得0円の自営業の夫との間で、養育費月5万円で合意!

40代/女性/主婦
  • 40代 女性 主婦

  • 離婚
  • 交渉
  • 養育費
  • 請求した
  • 配偶者の
    年齢・職業
    自営業
  • 婚姻期間 20年以上
  • 請求金額養育費 2万/月
  •  
  • 最終金額養育費 5万/月

ご相談に至った経緯

Aさんは離婚を決意し、自ら調停の申立を済ませていました。

ご相談内容

Aさんは、確定申告上所得が0円となっている自営業の夫から養育費がもらえるのかについて心配になり、弁護士の力を借りたいと考え、弊所へ訪れました。

ベリーベストの対応とその結果

調停開始直後は、夫側は養育費に関して、 一人につき月1万円で子供2人分で月2万円払うのが限度であり、算定表に従うかぎり月0円なのだから、 合意できないならば算定表に従い1円も支払うつもりはないとの旨繰り返しました。調停委員も「裁判官に確認しても、算定表では0円になるのだから、1人月1万円で合意した方が絶対によいですよ」とこちら側への説得を繰り返しました。弊所としては、自営業の確定申告の数字は操作可能性が高いことを背景に、算定表に形式的に従わず実質的な判断を示した審判例が存在することを示した上で、併せて、夫が、確定申告上所得が0円になっているにもかかわらず、婚姻期間中、月15万円を超える生活費を入れていた等の事実を丁寧に摘示し、審判申立も辞さないという姿勢で粘り強く説得を続けました。

その結果、子供一人につき月2.5万円、2人分で月5万円の養育費を支払うという内容での合意を獲得しました。

解決のポイント

審判に至った場合、算定表に沿って養育費0円と判断されるリスクがあることを考慮し、何とか調停段階で少しでも金額を持ちあげられるように粘り強く交渉を重ねました。

PAGE TOP