初回60分無料法律相談受付中まずは電話かメールでお問い合わせください
※相談内容により一部有料となる場合があります

電話でお問い合わせ 0120-666-694
平日9:30〜21:00 / 土日祝9:30〜18:00

解決事例

2017年09月10日更新謝罪の気持ちが伝わり慰謝料減額に成功した事例

女性/40代
  • 40代|女性|パート

  • 不倫
  • 慰謝料請求
  • 減額

ご相談に至った経緯

相談者は婚姻していたが、妻のある男性と不貞行為を行った。それが相手の妻に発覚し、慰謝料を請求された。

ご相談内容

慰謝料の減額をしてもらいたい。不貞相手との関係は完全に切れてはいない。

ベリーベストの対応とその結果

不貞相手の妻は、自分の夫の携帯を没収し、仕事以外の外出を一切許さないというほど頭にきている様子ではあったが、それでも離婚はしないとのことであった。相談者は、不貞相手にまだ気持ちがあるらしく、きっぱりとは関係が切れないでいた。

慰謝料請求されている状況で関係を続けることは、慰謝料の増額理由となり、話し合いもまとまらないことを依頼者に話し、現在の正直な気持ちを謝罪文として手紙にしてもらった。
手紙を相手に送り、怒りを納めてもらったところで金額の交渉を開始し、請求額の半分とすることができた。

PAGE TOP