• 平日 9:30~21:00 / 土日祝 9:30~18:00
    ご相談の際はお近くのオフィスへのご来所が必要となります。

  • 離婚弁護士にお問い合わせはこちら
  • 離婚弁護士にお問い合わせはこちら
  • 離婚弁護士に無料相談 0120-666-694

夫と離婚するための全知識

離婚の手続きについて

離婚をするための手段として、①協議離婚、②調停離婚、③裁判離婚という3つの方法があります。

協議離婚の場合

協議離婚の場合は、夫婦間の話し合いにより離婚に合意し、離婚届けを提出すれば離婚は可能です。ただし、お子さんがいる場合には、親権者をご夫婦のどちらかにするかを決定しない限り、離婚をすることは出来ないことは注意が必要です。

調停離婚の場合

調停離婚の場合は、夫婦間での話し合い(協議)がまとまらないとき、家庭裁判所に対して調停の申立を行い、離婚するかどうかやその条件を話し合う手続きで、正式には「夫婦関係調整調停」と言います。
調停の場合は裁判所での手続きではありますが、話し合いをベースとしたものですから、当事者の合意がない限り、離婚は成立しません。

裁判離婚の場合

裁判離婚とは、家庭裁判所の裁判で離婚することです。裁判離婚の場合は、協議離婚や調停離婚と異なり、裁判所が離婚を認める判決を出せば相手方の合意がなくとも判決をもらうことにより離婚が成立します。ただ、相手方の合意がなくとも離婚が成立するという強力な効果が生じるため、離婚が認められるためには民法上定められている離婚原因(たとえば不貞行為や重度の精神病など)が必要です。

「離婚の流れと種類」に関して詳しくみる

離婚手続きについて特に問題となる具体的な点について

女性側の離婚手続きにあたっては特に次の点に気をつけましょう。

生活費(婚姻費用)

あなたが夫と別居中であり、あなたの収入が夫の収入より低額な場合(あなたが専業主婦である場合も含みます)、あなたが夫と離婚するまで生活費(法律上「婚姻費用」といいます。)を受け取ることができます。また、お子さんがお手許においでの場合には、その養育費用も婚姻費用に含めて夫に対して請求できます。なお、離婚した場合には、婚姻費用は請求できなくなりますが、あなたがお子さんの親権者になった場合には、お子さんの養育のための費用は、養育費として、夫に請求できます。夫が任意に生活費(婚姻費用)の支払いをしない場合には、弁護士に相手方との交渉を依頼したり、調停の申し立てをするなどして、支払いを請求する方法が良いでしょう。夫が支払をいくら拒んだとしても、調停・審判となれば夫が支払を拒むのは基本的に難しいでしょう。

「婚姻費用」に関して詳しくみる

年金分割

あなたがご主人の厚生年金、共済年金等の被扶養者として加入していた場合、離婚の際には、年金分割の請求が出来ます。
年金分割を行う前提として情報を収集する必要がありますが(これを「年金分割のための情報提供請求」といいます。)、情報提供の請求期限は離婚成立から2年等、期限がありますので、速やかに請求する必要があります。
なお、この制度は、年金の2分の1が現金としてあなたに分与される制度ではなく、対象期間に納付された保険料の一定割合を、あなたが納付したものとする制度ですので、その点は注意が必要です。

「年金分割」に関して詳しくみる

よくある離婚相談事例

PAGE TOP