ベリーベスト法律事務所 弁護士による離婚・男女問題相談

浮気・不倫により慰謝料を請求された方へ ベリーベスト法律事務所にお任せください!

「大丈夫です!もう悩まないでください!」あなたの慰謝料は減額できます!

「大丈夫です!もう悩まないでください!」あなたの慰謝料は減額できます!

ベリーベスト法律事務所に依頼するメリットは?早期の段階で弁護士に依頼して、慰謝料減額に対応することが重要です。

メリット1法外な要求に対して適正に交渉します!

メリット1法外な要求に対して適正に交渉します!

相手方は大切な配偶者に不貞をはたらいたことに対して憤慨しているケースが多く、裁判で認められる額を大きく超える慰謝料を請求してくる場合があります。金銭賠償以外は法律上認められることはないため、基本的に金銭賠償以外の要求には応じる必要はありません。
しかし、社内不倫の場合には、退職するように要求をしてくることや、また、不倫相手側から誘ってきたにもかかわらず、こちら側が強要したなどと、不倫事実と異なる内容の謝罪文を書かされることもあります。

メリット2あなたの精神的な負担が軽減される!

メリット2あなたの精神的な負担が軽減される!

弁護士に依頼すると、あなたは相手方と会わず、直接話をしなくても良くなります。
不倫問題に関しては、相手方の怒りも高ぶっている為、言葉の暴力を受け続け精神状態を崩してしまう方もいます。不倫慰謝料について、相手方と適正な交渉をしてくれます。
あなたに代わって、弁護士が代理人として立って交渉することにより、相手方と直接交渉せずに済めば、あなたの精神的な負担は軽減されるでしょう。

メリット3あなたの手間がかからない!

メリット3あなたの手間がかからない!

弁護士はあなたの代わりに、直接交渉や書類作成、裁判所への出廷などの大変な作業を代行してくれます。裁判は平日に開かれるため、弁護士に依頼していなければ、仕事を休まざるをえない場合も多々あるでしょう。
また、裁判で必要な書類は専門的であり、一般の人が作成するのはとても大変です。弁護士が代わりに行ってくれれば、手間要らずで、ほぼ普段通りの生活を続けることが可能です。

メリット4将来のトラブルを防止する!

メリット4将来のトラブルを防止する!

終わったはずの不倫問題が再燃化しトラブルを巻起こすケースがあります。
公正証書などの契約書面を残しておかなかった為に、相手方と和解したにもかかわらず、その後、トラブルが再燃し、新たな請求を受けたりするなど、将来、起こりうる新たなトラブルが生じない為にも、示談書の締結や契約書のチェックなどは弁護士に依頼することをお勧めいたします。 

あなたが不倫をして慰謝料請求されてしまったら? ある日、突然!慰謝料の請求はやって来ます! ある日、突然!慰謝料の請求はやって来ます!

あなたが不倫をして慰謝料請求されてしまったら?

不倫で慰謝料請求されてしまったら、あなたは冷静に対処することが出来なくなると思います。まず一番初めに考えることは、あなたが落ち着いて、状況判断をして弁護士に依頼すべきかどうか考えてみましょう。
例えば、不倫相手の配偶者が弁護士を立てているのであれば、こちらも弁護士を立てなければ、交渉は圧倒的に不利になってしまいます。弁護士でなければできないことが数多くあるためです。
不倫で慰謝料を請求された場合は、憎しみや悲しみなど感情的になりやすく、慰謝料も高額で請求される事が多くあります。様々なケースはありますが、あなたに請求された慰謝料金額を減額することが出来る可能性もあります。
私達ベリーベスト法律事務所の離婚専門チームで、あなたの不倫慰謝料問題を解決する為に、お役に立てることがあると思いますので、まずは、冷静になって落ち着いて、今の状況判断を行ってください。

まずは落ち着いて!状況確認

まずは落ち着いて!状況確認

不倫による慰謝料の請求にも様々な状況やケースがあります。相手方が感情的になって、直ぐ送りつけてくるケースもあります。あなたが慰謝料を支払う可能性を高くするために、相手方は計画的に交渉してくる事もあります。
ある日、突然!送られてきた慰謝料請求に対して、どこから来た?どんな内容なのか、まずは、落ち着いて自分の状況がどの様な状態なのか確認をしてみましょう。

  • 裁判所より訴状が届いた。
  • 各法律に関する専門家(弁護士、司法書士、行政書士)より、内容証明が届いた。
ある日、突然、相手方から慰謝料の支払いを要求する書面が届きます。

ある日、突然、相手方から慰謝料の支払いを要求する書面が届きます。この時点で、既にあなたの不倫行為は相手方に発覚しており、不倫相手の配偶者や、元配偶者はあなたから慰謝料を獲得する為に、法律の専門家に依頼しており、相手側は本気で不倫慰謝料の請求を望んでいます。
不倫相手の配偶者は本気であなたと戦う意思を持っていると推測できるでしょう。もし仮に弁護士から慰謝料を請求された場合、ご自身と弁護士との直接交渉では不利となりますので、あなたも弁護士を付けて弁護士同士で交渉を進めていくことをお勧めいたします。不倫慰謝料に関しては、ある日、突然、あなたに内容証明郵便が届きます。
裁判所の訴状なのか、法律家の内容証明なのかで、これからの事の進むスピードが違ってきますので、まず、届いた時点ですぐに、弁護士にご相談することをお勧めいたします。

  • 記載されている不倫内容が事実とは異なる内容だった。
  • 不倫をしていることは事実だが、記載内容に虚偽があった場合。
  • 不貞行為があったのは事実だか、既に時効が完成していた。
事実に反する内容を記載してくるケースもあります。

不倫相手の配偶者から慰謝料請求をされた場合は、何かしらの意図があって、事実に反する内容を記載してくるケースもあります。
不倫相手が結婚している事実を知らなかった、不倫相手の配偶者は既に夫婦生活は破綻していた、不貞行為の事実は一切なかった、不貞行為はあったが時効が完成しており、慰謝料の請求が無効となっているなど、慰謝料請求者から送られてきた書面の事実関係を把握する事が大切です。

  • 直接本人への謝罪や、謝罪文の提出などの謝罪要望。
  • 不倫相手との交際中止請求などの要望。
  • 慰謝料請求などの精神的苦痛に対する損害賠償などの要望。
相手方が何を要望しているのかを確認する必要があります。

不倫相手の配偶者は、現在の夫婦関係を、これからも円満に進めていきたいはずです。相手方の求めているものは、何かを明確にして要望に応じる必要があります。不倫という人生の過ちに対してただ謝罪をして欲しいという要望かもしれませんし、今後、二度と会わない様に、交際中止の請求を希望しているかもしれません。若しくは、不倫に対する精神的な苦痛を与えた代償として、損害賠償金を慰謝料として求めているかもしれません。
まずは、相手方が何を要望しているのかを確認する必要があります。

  • 不倫慰謝料請求の判例による金額の妥当性があります。
  • 相手の憎しみや苦しみなどの、感情的な部分により請求金額が高くなる傾向があります。
もし、不当な高額慰謝料請求をされた場合は弁護士に相談することをお勧めします。

不倫による慰謝料の明確な金額は決まっておらず、話し合いの場合は自由に決める事も可能です。不倫相手の配偶者が社会的にも地位が高い方であれば、その慰謝料は高額な金額となるケースもあります。裁判で認められている慰謝料の相場は、10万円~500万円とその事案により幅があります。
相手方も怒りをぶつけたいほど、辛くて悲しい精神状態であれば、その気持ち分も込めた損害金額を過剰なほど、上乗せをしてくるはずです。しかし、高額な慰謝料請求に対して妥当性がない場合や、相場とはあまりにもかけ離れた金額の場合は、あなたの慰謝料金額は減額できる可能性が高いのです。もし、不当な高額慰謝料請求をされた場合は弁護士に相談することをお勧めします。

あなたはどのケースで慰謝料を請求されていますか?

「慰謝料請求された方」のよくあるご相談事例

CASE1

不倫相手の配偶者から

不倫相手の配偶者から慰謝料を請求されるケース

CASE1図

CASE2

自分の配偶者から

離婚後に多いケースで、自分の配偶者側から慰謝料を請求されるケース

CASE2図

CASE3

ダブル不倫

不倫相手の配偶者と、自分の配偶者から慰謝料をダブルで請求されるケース
(ダブル不倫:自分も既婚者で、不倫相手も既婚者の場合 )

CASE3図

あなたが慰謝料を支払う可能性が高い場合 あなたが慰謝料を支払う可能性が高い場合 5つの条件をすべて満たす場合、慰謝料を支払う可能性が高いでしょう。

不倫相手と性交渉(不貞行為)があった場合は、慰謝料を払う可能性が高くなります。

不倫相手と性交渉(不貞行為)があった場合は、慰謝料を払う可能性が高くなります。性交渉(不貞行為)がなくても既婚者といちゃいちゃするような行為は道義上非難されるべきかもしれませんが、それだけは慰謝料請求権が生じる不法行為とはならない可能性が高いのです。
もっとも、最近、プラトニックの関係でも慰謝料請求が認められたケースがあるので、程度によっては慰謝料請求が認められるケースもあるので注意が必要です。
なお、性交渉(不貞行為)があったことの証明責任は、慰謝料を請求する側にあります。したがって、相手方に証拠を握られていなければ、しらばくれることにより請求を免れられる可能性があります。なお、この場合の証拠とは、例えば、次のようなものが考えられます。

  • ラブホテルに出入りする画像や映像
  • 不倫相手の家に長時間滞在したことを示す画像や映像
  • 旅行等で同室に宿泊したことを示す画像や映像、領収書
  • 性交渉(不貞行為)があったことが分かる文章(メール、手紙、日記、SNS、ブログ等)
  • 不倫の事実を認めた書類(謝罪文、誓約書等)
あなたの不倫相手の夫婦関係が平穏で円満だった場合、あなたは慰謝料を支払う可能性が高くなるでしょう。

あなたの不倫相手の夫婦関係が平穏で円満だった場合、あなたは慰謝料を支払う可能性が高くなるでしょう。しかし、不倫関係になる前に、既に夫婦関係が破綻していた場合や、不倫相手が既に別居していたなど、不倫により夫婦関係を破綻させたわけではないので、慰謝料を支払わなくて済む可能性が高くなります。夫婦には「平穏で円満な共同生活を送る」という権利が存在します。婚姻関係にある夫婦には権利によって、法律が保護しています。もし、不倫相手の夫婦関係が破綻している状態であれば、その守られるべき権利が存在しません。夫婦関係が破綻している状態での性交渉(不貞行為)があった場合の慰謝料請求は認められない事が多くあります。

あなたが既婚者であることを知っていた場合、あなたには故意または過失があり、慰謝料を支払う可能性が高くなります。

あなたが既婚者であることを知っていた場合、あなたには故意または過失があり、慰謝料を支払う可能性が高くなります。しかし、既婚者であることを知らなかった場合は、基本的には慰謝料を支払わなくて済むでしょう。ただし、初めは知らずに後から知った場合において、その後も不倫を継続したならば慰謝料の支払いは免れないでしょう。通常であれば既婚者であることに気付く状況であるにもかかわらず、あえてそのことから目をそらしたり、あなたの落ち度により気が付かなかったりしたような場合も、慰謝料の支払いを免れない可能性が高いです。
不倫相手が結婚している事を知っていた場合は、あなたは慰謝料の支払いに応じる必要があります。

性交渉(不貞行為)をあなたから強要した場合は、慰謝料の支払いをする可能性が高いでしょう。

性交渉(不貞行為)をあなたから強要した場合は、慰謝料の支払いをする可能性が高いでしょう。しかし、暴行や脅迫、強姦等の自分の意思ではない不貞行為の場合は、相手から無理やり肉体関係を持たせれているので、あなたには責任はなく慰謝料を支払う必要はありません。また、不貞行為に至った際、自分の意思には関係なく相手が強要をしてきた場合も慰謝料の支払いをする必要はありません。

慰謝料請求の時効は3年で、請求することが出来る期間があります。

慰謝料請求の時効は3年で、請求することが出来る期間があります。時効が完成していなければ、あなたは慰謝料を支払う可能性が高くなります。しかし、慰謝料請求権についての消滅時効が成立し、これを援用した場合は慰謝料を支払う必要はありません。時効完成までの期間は、請求権者が不倫の事実と不倫相手の住所や氏名を知ってから3年です。つまり、不倫の事実を知らなければ不倫から何年経とうが時効は完成しません。
援用というのは、時効によって債務を消滅させることを相手に通知することです。
援用は相手から請求があってからでも間に合いますので、相手から請求がないうちから「3年前にお宅の奥さんと不倫しましたが、時効を援用します!」とわざわざ通知する必要はありません。

さらに不倫による慰謝料が高くなる場合は? さらに不倫による慰謝料が高くなる場合は? あなたがこのような条件にあてはまる場合、慰謝料の金額は高額になります。

あなたの不倫によって、離婚に至った場合

離婚に至ったか否か不倫が原因で離婚に至った場合は、離婚しなかった場合よりも慰謝料が高額になります。ただし、子ども等の事情により離婚できないが、不倫によって婚姻(夫婦)関係が破綻した場合は、離婚していなくても、同様に高額な慰謝料となります。

あなたが不倫関係を求めた場合

もし、あなたが不倫関係に至るにあたって主導的な役割を果たした場合は、慰謝料額が高くなる傾向にあります。具体的には、最初に性交渉(不貞行為)に誘った場合や、職場の上司と部下といった断られにくい立場を利用して、不倫関係に持ち込む強要などです。また、不倫関係にある者の間に大きな年齢差がある場合も、年齢が高いほうに主導権があったと判断される傾向があります。

婚姻(夫婦)期間が長い場合

婚姻(夫婦)期間が長ければ長いほど慰謝料が高くなる傾向にあります。

不倫前の夫婦関係が円満の場合

不倫前の夫婦関係が円満だった場合、慰謝料が高額になる傾向にあります。
反対に、夫婦関係が既に破綻していれば、前述の通り、慰謝料を払わなくてよい可能性が高くなります。
不倫前の破綻の程度に応じて慰謝料は増減します。さらに、その破綻の原因が不倫相手の配偶者(慰謝料請求者)にある場合は、慰謝料は低額になる傾向にあります。

不倫相手の婚姻(夫婦)関係を積極的に破綻させる行為がある場合

あなたに婚姻(夫婦)関係を破綻させる意図・言動や、相手方夫婦の婚姻(夫婦)関係を積極的に破綻させる意図や言動がある場合は、慰謝料が高額になる傾向があります。例えば、離婚させて自分が結婚しようとする、いわゆる略奪婚の場合や、不倫が相手の配偶者にばれた後も不倫をやめない場合等がこれに当たります。

あなたが深い反省と真摯な謝罪をしない場合

不倫相手の配偶者に謝罪しない場合は慰謝料が増額する傾向にあります。また、謝罪したにも関わらず、お互いに二度と会わない旨を誓約したが、再び不倫関係に及んだ場合は、慰謝料が高額になる傾向にあります。また、職場不倫の場合において、発覚後、反省して自主退職した場合は、慰謝料の減額要素となりえる場合があります。

妊娠や出産がある場合

不倫による妊娠、出産がある場合は、慰謝料が高額になる傾向にあります。
不倫相手との交際が非常に仲が良かったという事実を証明することになります。
「平穏で円満な共同生活を送る」という夫婦に与える精神的なダメージは大きく、また、不貞行為を行った配偶者には、養育費を支払う事になり、ますます、婚姻(夫婦)生活に与える損害は大きくなり、その慰謝料の金額は高額となります。

不倫相手に子どもがいる場合

不倫相手に子どもがいる方は、慰謝料が高額になる傾向にあります。
夫婦間に子どもがいた場合は、不倫によって子どもが登校拒否になったり、子どもの成長を妨げるような精神的な病に陥ってしまった場合は、更に、慰謝料が高くなる傾向にあります。

ひとりでガマンしないで、
まずはベリーベスト法律事務所へご相談ください!

  • リーズナブルでお得な料金体系
  • 約130名の弁護士と離婚専門チームがサポート
  • 協議離婚から離婚後まで受任可能
  • 男女弁護士、選択可能
  • 全国対応、各事務所と連携し遠方の裁判も対応
  • 国際離婚にも対応
ベリーベスト法律事務所 ベリーベスト法律事務所

減額成功事例!不倫による慰謝料の減額解決事例

減額成功事例!不倫による慰謝料の減額解決事例

安心してください!あなたの慰謝料は減額できます!

女性

Case.1

全額免除(0円)

  • 女性
  • 40代
  • 婚姻歴なし
  • 裁判期間1年4ヶ月
  • 職業:正職員

浮気相手の妻から請求された慰謝料300万円、弁護士の交渉により全額回避(0円)に成功!

グラフ1

Aさんが、相手方の女性から不倫の慰謝料請求として300万円を支払えとの内容証明を受け取り、当事務所にご相談にきました。
しかし、話をよく聞きますと、Aさんは相手方の夫とは、相手方が結婚する前から付き合っており、実家の両親にも紹介していたとのことで、相手方の夫が結婚していることさえ知らない状況でした。そのため、当事務所弁護士が代理人となり、相手方に対して支払義務はないと対応しました。
相手方から、同様の金額で裁判を提起されましたが、当事務所弁護士が代理人として、訴訟対応も継続したところ、相手方の請求を棄却(相手方の請求は認められないと)する判決を獲得することができました。

男性

Case.2

400万円減額

  • 男性
  • 30代
  • 子どもなし
  • 婚姻期間1年2ヶ月
  • 裁判期間11ヶ月

高額な慰謝料600万円の請求も弁護士の交渉により、400万円の大幅減額!

グラフ2

Bさんは、妻である相手方から婚姻中でありましたが、不倫の慰謝料請求として600万円を支払えとの裁判を提起されて、訴状を受け取ったことから当事務所にご相談にきました。
しかし、話をよく聞きますと、相手方とは婚姻当初から家庭内別居状態で、結婚式をキャンセルし、離婚するための話し合いがなされており、すでに夫婦関係は破綻している状況でありました。ただ、相手方との離婚も進展していない状況もあり、Bさんとしては、相手方にお金を支払っても離婚を進めてほしいとの要望が強くありました。
そのため、当事務所弁護士が代理人となり、訴訟対応し、離婚を前提として、慰謝料を200万円支払うとの和解で合意することができました。

数多くの!喜びの声を頂いております!

私たちは一つでも多くの笑顔を取り戻します

喜びの声

20代/女性/子ども1人あり

喜びの声

ベリーベスト離婚専門チームからのメッセージ

慰謝料の請求が来たら誰かに相談して、自分の気持ちにけじめをつけなくてはいけません。しかしながら、浮気や不倫による夫婦間の問題はとても深刻で、事を進めるにも、何かと精神的苦痛が伴うものです。今回は、法律事務所ご相談頂く事により、精神的な部分の解消になり、最終的には弁護士との交渉で慰謝料を納得のいく金額で交渉合意できたことがなによりもの安心だと思います。これからの新しい生活を応援しております。

60分初回相談無料

浮気・不倫による慰謝料請求のご相談はこちら

慰謝料の請求をされた方で、お悩みの方はご相談ください

まずはご来所ください!初回相談(60分)無料!
ご相談の際は、お近くの事務所へご来所が必要となります。オペレーター

ご予約はこちら フリーダイヤル 0120-666-694 平日9:30~21:00 土日祝 9:30~18:00

電話受付時間平日 9:30~21:00 / 土日祝 9:30~18:00

離婚男女問題の無料相談0120-666-694

メールでのお問い合わせ

不倫の慰謝料のご相談と問題解決の流れ

ステップ1

まずは、ベリーベスト法律事務所へご相談ください。

初回の相談は60分無料です。
ご相談のご予約後に、お近くの事務所までご来所ください。

ステップ2

請求された慰謝料が減額できるかお調べします。

送付されてきた内容証明の対応や、不倫慰謝料の相場金額など、あなたの慰謝料がどの様に減額ができるかどうかを検討いたします。

ステップ3

弁護士との委任契約

着手金をお支払い頂きます。
交渉:10万円 / 調停:15万円 / 訴訟:20万円

ステップ4

慰謝料請求者と交渉

相手方から請求された慰謝料にたいして、法的な解釈を持って、どの様に減額か可能かどうかを先方と交渉いたします。

ステップ5

減額成功で問題解決!

実績豊富な不倫慰謝料の裁判経験や減額実績など、あなたに慰謝料の請求がなされた場合の減額において適切に対応いたします。

不倫による慰謝料請求の料金

相談料について

初回相談料(60分まで) 無料
法律相談料 30分 5000円

着手金について

  対象となる経済的利益の額 着手金の額
交渉 300万円以下 5%(ただし、最低5万円)
300万円 ~ 3000万円 3%+6万円
3000万円 ~ 3億円 2%+36万円
3億円以上 1%+336万円
調停 300万円以下 10%(ただし、最低20万円)
300万円 ~ 3000万円 5%+15万円
3000万円 ~ 3億円 3%+75万円
3億円以上 2%+375万円
訴訟 300万円以下 10%(ただし、最低20万円)
300万円 ~ 3000万円 5%+15万円
3000万円 ~ 3億円 3%+75万円
3億円以上 2%+375万円

なお、弁護士の作業時間は、受領した着手金を2万円で除した時間を上限とし、上限時間を超えた場合には、1時間あたり2万円の追加料金が発生します。

なお、弁護士の出廷回数は、受領した着手金を4万円で除した回数(小数点以下は切り捨て)を上限  とし、上限回数を超えた場合には1期日あたり3万円の出廷日当が追加で発生します。

事務手数料について

交渉 1万円
調停・審判 2万円(印紙代含まず)
訴訟 3万5千円(印紙代含まず)

報酬金について

  確保した経済的利益の額 報酬金の額
報酬 300万円以下 20%
300万円 ~ 3000万円 10%+30万円
3000万円 ~ 3億円 6%+150万円
3億円以上 4%+750万円

PAGE TOP