初回60分無料法律相談受付中まずは電話かメールでお問い合わせください
※相談内容により一部有料となる場合があります

電話でお問い合わせ 0120-666-694
平日9:30〜21:00 / 土日祝9:30〜18:00

解決事例

2021年04月02日更新監護状態の良さをアピール、親権を獲得できた事例

女性/30代
  • 30代|女性

  • 離婚したい
  • 親権獲得
  • 養育費請求
  • 配偶者の
    年齢・職業
    40代 
    自営業
  • 婚姻期間10年以上~15年未満
  • 子供2人
  • 解決までの期間10か月

ご相談に至った経緯

夫と別居し、別居直後に調停をしたものの、夫が離婚を拒否して調停不成立。
自分で交渉をしても離婚に応じてくれないとのことで、ベリーベストにご相談いただきました。

ご相談内容

離婚したい。
また、子ども2人(中学生と小学生の女の子)の親権獲得、養育費の請求も行いたい。

ベリーベストの対応とその結果

すでに調停を行っていたので、訴訟中に別居期間が3年になるのを見込んで、3年弱で提訴しました。

別居中は依頼者が子供の監護を行っていたので、親権については心配しておりませんでしたが、再度の調査官調査は入るかもしれないとは予想していました。
そこで、調査官調査をせずとも監護状態が良いということを裁判官にアピールできるように力を入れた結果、訴訟の早い段階で裁判官の方から「親権は依頼者」との心証開示があり、親権と監護権の分離は行わないと明確に述べてくれたので、後は養育費等の条件面の調整のみで話がつきました。

親権に争点を絞ることで早期解決につながりました。

PAGE TOP