初回60分無料法律相談受付中まずは電話かメールでお問い合わせください
※相談内容により一部有料となる場合があります

電話でお問い合わせ 0120-666-694
平日9:30〜21:00 / 土日祝9:30〜18:00

解決事例

2021年06月04日更新無理なものは明確に主張、妥当な金額で離婚できたケース

男性/50代
  • 50代|男性|会社員

  • 離婚
  • 減額
  • 交渉
  • 配偶者の
    年齢・職業
    50代 
    会社員
  • 婚姻期間20年以上
  • 子供2人
  • 解決までの期間1年

ご相談に至った経緯

ご相談者Aの妻であるBさんが子どもを連れて別居をし、離婚調停、婚姻費用分担調停を申し立ててきました。

ご相談内容

高額な請求をするBさんに対し困り果て、当事務所にご相談に来られました。

ベリーベストの対応とその結果

Bさんは「Aさんから暴言を吐かれた」「Aさんが女遊びをしている」などと根拠のない主張をしてきておりました。

当初Aさんは、根拠がない点については全て否定して反論しておりましたが、Bさんに対し婚姻費用を支払わなければならない立場であるため、長丁場となれば金銭的に疲弊していくと考え、相手方の主張に徹底的に争うのではなく、ある程度譲歩をする方針に変更いたしました。

ただし最初から相手方の言いなりになるのではなく、金額面で折り合えない部分は明確に折り合えないと主張しました。
離婚をしなければ、長期的に婚姻費用をとられ続けるため、譲歩をせざるを得ない男性も、多くいらっしゃいますが無理なものは無理だと明示することも大切です。

Aさんもまずは粘って明確に主張したことで、妥協可能な範囲で離婚をすることができました。

PAGE TOP