• ご相談の際はお近くのオフィスへのご来所が必要です。
    受付 平日 9:30~21:00 / 土日祝 9:30~18:00

  • 離婚弁護士にお問い合わせはこちら
  • 離婚弁護士にお問い合わせはこちら
  • 離婚弁護士に無料相談 0120-666-694

解決事例

2016年12月27日更新 慰謝料請求を行うこと等により、財産分与額を減少させた事例

50代/男性/自営業
  • 50代 男性 自営業

  • 離婚
  • 調停
  • 慰謝料請求
  • 財産分与
  • 請求された
  • 婚姻期間 20年以上
  • 子供 1人

ご相談に至った経緯

50代男性、会社経営。妻が他の男性と浮気をした上で、離婚と財産分与を請求してきた。離婚には応じても良いが、財産分与の額によっては、会社が傾いてしまう。

ご相談内容

会社経営者は、財産分与の請求に対して、どのように対処すれば良いか。

ベリーベストの対応とその結果

自社株の評価が問題となっていたため、妻側の主張の根拠を精査し、評価をし直すことで、財産分与額を圧縮しました。会社を巡る法律関係を精査したところ、妻に対する社会保険料立替金債権が発見されたため、これを譲受し、財産分与請求権と合意相殺しました。また、もちろん、不貞行為に基づく離婚慰謝料請求を行い、財産分与請求権と合意相殺しました。会社経営者の財産分与に際しては、注意を要する点が多く、事実関係をより正確に確認することにこだわる必要があります。

PAGE TOP