初回60分無料法律相談受付中まずは電話かメールでお問い合わせください
※相談内容により一部有料となる場合があります

電話でお問い合わせ 0120-666-694
平日9:30〜21:00 / 土日祝9:30〜18:00

解決事例

2016年12月27日更新高収入の夫から算定表の上限以上の婚姻費用などを獲得した事例

女性/30代
  • 30代|女性|会社員

  • 離婚
  • 調停
  • 慰謝料請求
  • 最終金額1,000万円獲得

ご相談に至った経緯

結婚1年未満の女性からの相談。夫は年収4,000万円超であり、算定表の上限を超えるため、婚姻費用をどのように計算するか分からない。また、結婚期間が短いため、離婚時の給付は少額に留まると思っていた。

ご相談内容

義務者の収入が算定表の上限を超える場合、婚姻費用はどのように計算するか。また、その場合、離婚に際しての金銭給付について、どのように交渉したら良いか。

ベリーベストの対応とその結果

婚姻費用については、審判への移行を選択し、算定の根拠となる証拠や同種事件の資料等を提出し、算定表の上限(28万円:夫婦のみ)を超える婚姻費用分担を認める審判を得ることができました。また、これをもとに離婚給付について交渉し、仮に離婚訴訟等を要した場合に見込まれる婚姻費用見込額をベースに、1,000万円超の解決金を獲得しました。婚姻期間が短く財産分与請求等が困難な場合、婚姻費用請求の意義がより大きくなるので、この点にこだわる必要があります。

PAGE TOP