初回60分無料法律相談受付中まずは電話かメールでお問い合わせください
※相談内容により一部有料となる場合があります

電話でお問い合わせ 0120-666-694
平日9:30〜21:00 / 土日祝9:30〜18:00

解決事例

2017年11月15日更新早期の離婚を望む夫から高額の財産分与を得た事例

女性/50代
  • 50代|女性|会社員

  • 離婚
  • 交渉
  • 財産分与
  • 年金分割
  • 請求をした
  • 配偶者の
    年齢・職業
    50代 
    会社員
  • 婚姻期間20年以上
  • 子供2人

ご相談に至った経緯

ご相談者のAさんは、夫のBさんと家庭内別居状態にあったところ、Bさんから離婚届を渡されました。Aさんは、離婚意思はあったものの、財産の清算方法や年金分割の手続きが分からず、離婚届を放置していました。暫くすると、Bさんの代理人弁護士から財産の清算方法について協議したい旨の書面がAさんに届きました。どのように返答すればよいのか困惑したAさんは、当事務所に相談するに至りました。

ご相談内容

Aさんは、自己に有利な形で財産分与を行いたい、年金分割の手続も行ってほしい、との内容で当事務所にご相談くださいました。

ベリーベストの対応とその結果

当事務所の担当弁護士は、Bさんの代理人弁護士に対し、Aさんが把握しているAさん名義及びBさん名義の財産が分かる資料を開示しました。双方が資料を開示した結果、自宅不動産の評価額及びAさんの退職金の使途が主な争点となりました。交渉の過程で、Bさんが早期の離婚を望んでいることが明らかとなったため、担当弁護士は、BさんはAさんの要求をある程度は受け入れるであろうと判断し、自宅不動産の評価額については譲歩しない方針をとりました。すると、Bさんの代理人弁護士は、Aさん自身が受領したAさんの退職金の使途についてさえ明らかにすれば、自宅不動産の評価額についてはAさんの主張を受け入れると返答しました。そこで、担当弁護士は、Aさんに退職金の使途の内訳について直ちに聴取し、Bさんの代理人弁護士に対して通知しました。その結果、自宅不動産の評価額がAさんに有利に認められ、Aさんは、Bさんから約900万円の財産分与額の獲得に成功しました。また、担当弁護士は、必要書類を準備した上、年金事務所において年金分割の手続も行いました。

PAGE TOP