初回60分無料法律相談受付中まずは電話かメールでお問い合わせください
※相談内容により一部有料となる場合があります

電話でお問い合わせ 0120-666-694
平日9:30〜21:00 / 土日祝9:30〜18:00

解決事例

2017年11月15日更新事実と異なる不貞関係を否定、大幅な慰謝料減額に成立した事例

女性/30代
  • 30代|女性|会社員

  • 不倫
  • 交渉
  • 慰謝料請求
  • 請求をされた
  • 最終金額200万円 → 50万円(150万円減額)

ご相談に至った経緯

家族ぐるみの付き合いがあった友人夫婦が離婚したが、その後もそれぞれと友人関係を続けていたところ、その一方から、他方との不貞関係を疑われ、代理人弁護士から慰謝料請求の連絡を受けた。

ご相談内容

あくまでも友人関係であり、友人として食事などに行ったことはあるが、不貞関係ではない。
自分にも配偶者がいるため、おおごとにせず早期に解決したい。
誤解を招く行動については謝罪をしても良いが、不貞関係は否定したい。

ベリーベストの対応とその結果

ご依頼後、直ちに相手方代理人へ、不貞関係の根拠となる事実、証拠を明らかにするよう請求したところ、やはり直接不貞関係を基礎づける証拠はなく、食事に行ったことなどを証明できるにすぎないものであると判断。

裁判になった場合の見通しを踏まえつつ、相手方代理人へ不貞の事実はないこと、誤解を与える行動については謝罪の意思がある旨伝え、解決金支払の提案を行った。その結果、200万円の請求を50万円まで減額し、示談が成立した。

ご依頼者の意向を踏まえつつ、裁判となった場合の見通しを立て、早期の解決を図りました。

PAGE TOP