• ご相談の際はお近くのオフィスへのご来所が必要です。
    受付 平日 9:30~21:00 / 土日祝 9:30~18:00

  • 離婚弁護士にお問い合わせはこちら
  • 離婚弁護士にお問い合わせはこちら
  • 離婚弁護士に無料相談 0120-666-694

解決事例

2017年12月06日更新 離婚と不倫相手への慰謝料請求含めて一挙に解決した事例

30代/男性/会社員
  • 30代 男性 会社員

  • 離婚
  • 交渉
  • 慰謝料請求
  • 配偶者の
    年齢・職業
    30代
  • 離婚原因 浮気・不倫、性格の不一致

ご相談に至った経緯

Aさんは配偶者のBさんに、AさんとCさんが不倫していることがバレてしまいました。そのため、AさんはCさんと共に、BさんからBさんの依頼を受けた弁護士を通じて多額の慰謝料を請求されました。

ご相談内容

AさんとCさんは、不倫していたことは認めたうえで、慰謝料を減額することと、AさんとBさんが離婚することを希望して、当事務所にその交渉を行うよう依頼しました。また、その際には、AさんとCさんの親族に不倫したことを知られないようにして欲しいと希望しました。

ベリーベストの対応とその結果

弁護士は、契約後速やかにBさんの弁護士に連絡をとり、慰謝料の額について減額を求め、またあわせて離婚も含めてまとめて解決することを提案し、その条件交渉を行いました。
またAさんやCさんの親族に話が伝わらないように秘密条項を設けることや、その内容などについて粘り強く交渉し、最終的にはAさんとCさんが納得できる内容で合意し、離婚も成立することができました。

解決のポイント

特に不倫の関係する離婚事件は、当事者が感情的になりがちなものとなります。弁護士が間に入ることで、その感情的な部分を踏まえつつも、法的に妥当な範囲での条件・内容での合意をしやすくなり、結果として話し合いでの早期の解決をすることができました。また、合意条項を真に依頼者自身が希望した目的に則した意味のある内容にするためには、専門家である弁護士が確認することが重要となります。

PAGE TOP