• 平日 9:30~21:00 / 土日祝 9:30~18:00
    ご相談の際はお近くのオフィスへのご来所が必要となります。

  • 離婚弁護士にお問い合わせはこちら
  • 離婚弁護士にお問い合わせはこちら
  • 離婚弁護士に無料相談 0120-666-694

解決事例

2016年12月27日更新 DVをでっち上げられ面会交流を拒否された夫が、面会交流を獲得した事例

20代/男性/会社員
  • 20代 男性 会社員

  • 離婚
  • 調停
  • 面会交流
  • 請求された

ご相談に至った経緯

Bさんが子どもを連れ、別居を開始。Aさんは、Bさんに対し、子どもに合わせてほしいと頼んだが、Bさんは、AさんがBさんや子どもに対し暴力をふるったと主張して、面会を拒否。

ご相談内容

配偶者との離婚、子どもとの面会交流の実現

ベリーベストの対応とその結果

Bさんが離婚調停を申し立てたため、当方は、面会交流調停を申し立て。Bさんは、AさんのDVを理由に、面会交流に応じられないと主張した。Aさんに事実の真偽を確認したところ、暴力をふるったことはなく、Bさんが離婚調停を有利に進めるため、AさんのDVをでっち上げるとの計画を、AB共通の友人(Cさん)に話していたことを確認。Cさんに話を聞いたところ、確かに、Bさんが、DVをでっち上げると話していたことが確認できた。そこで、当方は、Bさんが主張するDVの内容について、不自然な箇所を指摘するとともに、Cさんの陳述書を作成し、裁判所に提出。裁判所は、当方の主張とAさんの調停席上における態度を見て、DVがないのではないかとの心証を抱き、試行的に面会交流を行うこととした。試行的面会交流は、滞りなく行われ、終始ほほえましい状況であった。

当方及び裁判所の説得の結果、離婚後、面会交流を行うことを確約させ、2つの調停が成立。

PAGE TOP