初回60分無料法律相談受付中まずは電話かメールでお問い合わせください
※相談内容により一部有料となる場合があります

電話でお問い合わせ 0120-666-694
平日9:30〜21:00 / 土日祝9:30〜18:00

解決事例

2017年10月31日更新不貞慰謝料請求300万円減額

女性/40代
  • 40代|女性

  • 不倫
  • 交渉
  • 慰謝料請求
  • 請求をされた
  • 最終金額500万円 → 200万円(300万円減額)

ご相談に至った経緯

相談者(女性)は、不貞関係にあった男性の妻から、不貞慰謝料500万円を請求する家事調停を起こされました。裁判所から来た書類に驚いた相談者は、ベリーベストにご相談にいらしました。

ご相談内容

不貞関係にあったのは事実ですが、こんな金額払えません。なんとか減額してほしいのと、裁判所に一人で行くのは不安なので一緒にきてほしい。

ベリーベストの対応とその結果

初回の調停期日は切迫していたので、裁判所に連絡し欠席しました。2回目の期日が約1月後に設定され、その間弁護士から相手方に対し、300万円の減額を申し入れると、相手方もこれに同意しました。
そして、2回目の期日において慰謝料200万円を支払うという内容で調停が成立し、300万円の減額に成功しました。


【関連記事】
・ 浮気・不倫により慰謝料の請求をされた方へ
・ 不倫がバレて訴えられた!知っておきたい不倫による慰謝料請求の減額方法
・ 不倫がもたらす大きなリスクと、不倫慰謝料請求された時の減額交渉の方法
・ 不倫慰謝料請求書が届いた!「求償権」って何? 弁護士が解説します。

PAGE TOP