• ご相談の際はお近くのオフィスへのご来所が必要です。
    受付 平日 9:30~21:00 / 土日祝 9:30~18:00

  • 離婚弁護士にお問い合わせはこちら
  • 離婚弁護士にお問い合わせはこちら
  • 離婚弁護士に無料相談 0120-666-694

弁護士コラム 離婚・男女問題SOS

産後クライシスがきっかけで離婚?乗り切るための対処方法

2018年05月07日
  • 離婚
  • 産後
  • 離婚
産後クライシスがきっかけで離婚?乗り切るための対処方法

みなさまは「産後クライシス」という言葉をお聞きになったことがありますか?

この産後クライシスが原因で離婚に至る夫婦が増えているので、注意が必要です。
今回は、産後クライシスとはどのようなものであり、どうやって乗り切れば良いのか、ご説明します。

1、産後クライシスとは?

産後クライシスとは?

そもそも「産後クライシス」とはどのようなものなのでしょうか?
これは、妻の出産後約2~3年ほどの間で、夫婦の愛情が急激に冷めてしまうことです。

産後クライシスで夫婦関係が悪化してしまうと、最悪の場合、離婚に至ることもあります。

産後クライシスが原因で離婚すると、子どもが0~2歳の時に母子家庭となってしまうので、シングルマザーの貧困問題や、父親と一緒に過ごせない子どもが生み出されてしまうのです。

近年、厚生労働省が母子家庭を対象に、「離婚したときの子どもの年齢」について調査を行いましたが、その結果によると、「0~2歳」が最も多く、全体の約3分の1にも及んでいます。

厚生労働省 平成23年度全国母子世帯等調査結果報告

このように、多くの夫婦が「産後クライシス」を乗り越えることができなかったことが明らかになっているのです。

2、産後クライシスのセルフチェック

産後クライシスのセルフチェック

実際に「私たちも、産後クライシスでは?」と不安になった方もおられるでしょう。
以下では、産後クライシスをセルフチェックする方法をご紹介します。
いくつあてはまるか、チェックしてみましょう。

  1. ①産前は夫が好きだったのに、出産後は嫌いになった
    出産前は夫のことを大好きだと思っていた方が、出産後、突然夫を嫌いになることがあります。自分でもどうしてかわからず、悩んでしまいます。
  2. ②夫の言動の小さなことでも気に入らない
    夫が悪いことをしていなくても、小さな言動が気になってイライラしてしまうことがあります。
  3. ③夫が育児、家事を手伝ってくれない
    産後、夫が家事や育児を手伝ってくれないので、放置されているように感じてイライラしてしまいます。
  4. ④夫が育児や家事を手伝ってくれても腹が立つ
    夫が家事や育児を手伝ってくれていても、なぜか腹が立つことがあります。
    やり方が自分とは違うのでおかしいと感じたり、「邪魔しないで!」などと言ってしまったりすることもあります。
  5. ⑤下の子を産んだ後、上の子に八つ当たりしてしまう
    上の子がいるときには、下の子を産むと、イライラして上の子に八つ当たりしてしまうことがあるので、注意が必要です。子どもはどうしていいのか分かりませんし、妻は自分でもコントロールができなくて、悩んでしまいます。
  6. ⑥ついつい、夫にきつい発言をしてしまう
    何もされていないのに、常にイライラしているので、夫にきつい発言をしてしまいます。ヒステリックになってしまうこともあり、自分でもどうしたらいいのかわからない方が多いです。
  7. ⑦夫婦生活が嫌、触られるのも嫌、セックスレスになった
    出産後、突然夫との性生活が嫌になることがあります。性生活どころか、触られるのも嫌で、生理的に嫌悪感を感じたりするケースもあり「このままでは夫婦を続けていけないかも」と感じます。妻があまり性交渉を拒絶し続けると、夫が妻の浮気を疑うこともあります。
  8. ⑧出産後、「別人のようになった」と言われる
    出産後、妻が何事にもイライラしたり気分が沈んだりすることが多く、楽しそうな顔をすることがなくなるので、「別人のようになった」と言われることがあります。
    夫も妻の考えていることがわからなくなり、夫婦の心の距離がどんどん離れていきます。
  9. ⑨常に、「寂しい、しんどい」という、うつ状態になった
    産後、なぜかうつっぽくなり、「何もやる気が起きない」「良い事なんて何もない」「結婚しなければ良かった」「子どもなんて要らなかった」などと思ってしまったりすることもあります。
  10. ⑩夫に父親の自覚がないので、イライラする
    子どもが生まれたというのに夫に自覚がなく、「おむつの交換は無理」「泣いてるよ、どうすんの?」などと言うので、妻が「こんな人と一緒にいて良いのだろうか?」と感じ、イライラします。
  11. ⑪夫婦の会話が減った、なくなった
    産後、夫婦の会話が激減したり、なくなったりすることもあります。コミュニケーションがなくなると離婚につながりやすいので、要注意です。
  12. ⑫夫を友人の旦那と比較してしまう
    産後、夫と友人の旦那を比べて悲しい気持ちになってしまう方がいます。
    本当は、友人の旦那が良いわけではないとわかっていても、なぜか自分の夫がつまらないもののように思えてしまうこともあります。
  13. ⑬出産後、夫が浮気した
    出産後、夫婦関係がうまくいかなくなるので、夫が浮気してしまうパターンです。

上記のうち、あてはまるものが多ければ多いほど要注意です。

3、産後クライシスが起こる理由

産後クライシスが起こる理由

産後クライシスは、どのような理由で起こるのでしょうか?
産後クライシスが起こる理由は様々なもの考えられ、あるいは、複数の要因から起こると言われています。その中でも代表的なものを説明します。

  1. (1)夫に父親の自覚がない

    産後クライシスの原因の一つには、夫に父親としての自覚がないことがあるといわれています。
    昔から、「女性は子どもを宿している10か月の間に母親となり、男性は、子どもが生まれてから育てている間に父親になる」と言われます。
    妻は出産前に既に「母親」となっているので、出産後、夫が赤ちゃんの世話や存在に戸惑っている様子を見て「自覚がない」と感じ、イライラしてしまうのです。

  2. (2)夫が育児を手伝わない、手伝いが不足している

    赤ちゃんの世話や存在への戸惑いから、夫が育児を手伝わなかったり、手伝ってもそれが不十分なことがあります。
    最近は、世の中でも「イクメン」夫が注目を集めていて、これが理想的な夫のありかたと考えている方もいるでしょう。
    片や自分たち夫婦を見ると、夫は子育てを手伝ってくれない、「理想の夫」像とギャップがあると感じてしまったら、妻には不満が溜まってしまいます。
    また、夫が少し子供の相手をしただけで「俺はイクメン」などと言うので、妻が余計に腹を立ててしまうケースもあります。

  3. (3)妻のホルモンバランスの変化

    妊娠中や出産後、妻の女性ホルモンバランスが大きく変化します。妻は、それまでと比べてイライラしやすくなったり涙もろくなったりして、情緒不安定な状態になりやすいです。

    また、母性本能が強くなるので、「子供を守る」という気持ちが強く働きます。出産前は許せていたことでも許せなくなってしまうので、夫に対して過剰に攻撃的になってしまうのです。

  4. (4)妻の生活が変化する

    妻は、子どもを産むと、大きく生活が変わります。
    それまでは仕事をして世間とも関わりを持ち、さまざまな人とコミュニケーションをとっていた方でも、産後は家の中にいる時間が長くなり、子どもと二人の生活になります。
    このようなことが妻にとって大きなストレスになり、「私ばかりが苦しい思いをしている」という気持ちが募って夫へのイライラに形を変えます。

  5. (5)育児疲れ

    赤ちゃんと一日中一緒にいて世話をするのは本当に大変です。夜泣きもあるので、睡眠不足になります。
    育児疲れになると、小さな事でも許せなくなりますし、以前なら許せたことでも、受け入れられなくなってしまいます。

  6. (6)コミュニケーション不足

    子どもが生まれると、妻は子どもにかかりきりになるので、夫の相手をする時間が減ります。セックスレスになるカップルもいますし、家庭内別居状態になってしまうケースもあり、夫婦の心の溝は、どんどん深まります。

4、産後クライシスを乗り切る方法

産後クライシスを乗り切る方法

産後クライシスを乗り切るためには、以下のようなことを試してみましょう。

  1. (1)夫に気持ちをはっきり伝える

    産後クライシスによる離婚を避けるには、夫とのコミュニケーションが大切です。
    日頃から、自分がどのようなことに不満を感じているのか、辛い思いをしているのか、自分でもコントロールできなくて困っていることなど、辛い気持ちや悩み、不安などを率直に伝えましょう。
    夫も、それを聞いたら考えを変えることがありますし、努力するようになって夫婦関係が改善されることも多いです。

  2. (2)理解するための努力をする

    夫婦関係を維持するには、お互いが相手を理解することが重要です。

    夫婦はもともと他人ですから、考え方も価値観も違って当然です。相手を完全に受け入れられなくても、理解して尊重し合える関係になるのがベストです。
    夫の考えに賛同できなくても、正しいところはあるはずです。そうした部分を受け入れるようにして、二人で進んで行くための努力をしましょう。

  3. (3)悩み相談窓口を利用する

    家族や夫に頼れないときには、自治体の女性相談や育児相談を利用してみるのも1つの方法です。経験豊富な女性の相談員が担当していることも多く、解決のヒントを得られたり、気持ちが楽になったりすることもあります。

  4. (4)カウンセリング、通院

    どうしてもつらく気分が落ち込んでいるとき、うつ状態ではないかと思われる場合などには、カウンセリングを受けたり、医療機関をたよることも1つの方法です。
    産後うつが酷くなると毎日が辛いだけのものとなってしまい、それが原因で大切な家族も壊れてしまうこともありますので、辛さが過ぎると思われる場合には早めに専門家に頼った方が良いでしょう。

  5. (5)自分の時間を作る

    たまには親に子どもを預けたり、休日には夫に子どもを見てもらったりして、たまには自分の時間を作り、ストレスを解消しましょう。

  6. (6)夫と子ども、2人きりで過ごさせる

    夫に父親の自覚を持たせるためには、子どもと2人で過ごす時間を作ることも重要です。
    たとえばお風呂に入れさせたり散歩に連れて行かせたりして、自分1人で子どもを世話する時間を持たせます。すると、子どもに愛情を感じ、だんだんと「父親」としての自覚や責任感を持つようになりますし、妻の大変さを実感できるので、態度も徐々に変わってくることがあります。

  7. (7)出産後の妻の変化を理解させる

    出産後、女性はホルモンバランスが変わることや育児疲れすることについて、知識を持ってもらいましょう。口で説明するだけでは伝わりにくければ、本を読んでもらっても良いですし、夫婦カウンセリングを受けるのも良いでしょう。
    知ることで、夫は妻の大変さを理解して、妻に対する関わり方が変わることがあります。

5、こんな場合は離婚を検討した方がいい

こんな場合は離婚を検討した方がいい

このように努力を重ねても、離婚を避けられないケースはあるものです。
以下のような状況であれば、真剣に離婚することも検討してもいいかもしれません。

  1. (1)夫が不倫している

    産後、夫婦関係が悪化して夫が不倫するようになったら、離婚を検討した方が良いかもしれません。不倫が遊びであれば、戻ってくる可能性もありますが、本気になったらもはや夫婦関係を修復することが困難となるからです。

  2. (2)DV、モラハラがある

    産後、夫婦関係が悪化するなどして夫からDVやモラハラ被害を受けているならば、離婚をすることを検討してもいいかもしれません。
    出産前からDVなどがある場合にも同じです。
    子どもが母親が父親から殴られているところを見続けたり、異常な関係性の父母のもとで育ったりすると、子どもの成長にも悪影響が及ぶので、早めに決断したほうがいい場合もあります。

  3. (3)生活費を入れてもらえなくなった

    夫が生活費を入れなくなった場合にも、離婚した方が良いケースがあります。
    結婚していても、生活を維持するための最低限度の費用さえも入れてもらえないなら、いっそのこと離婚して行政給付と養育費をもらった方が楽になるケースもあります。

6、まとめ

まとめ

以上のように、出産後は産後クライシスに要注意です。配偶者との関係を維持できなくなってしまってお悩みの場合、弁護士に相談することも有効です。
離婚すべきかどうか悩んでいるならば、まずは一度、お気軽にご相談ください。

同じカテゴリのコラム(離婚)

PAGE TOP