• ご相談の際はお近くのオフィスへのご来所が必要です。
    受付 平日 9:30~21:00 / 土日祝 9:30~18:00

  • 離婚弁護士にお問い合わせはこちら
  • 離婚弁護士にお問い合わせはこちら
  • 離婚弁護士に無料相談 0120-666-694

弁護士コラム 離婚・男女問題SOS

離婚

  • 2019年02月13日
    • 離婚
    • 不倫
    • 離婚
    妻の不倫が発覚! 離婚を考えたときに知っておくべき損をせずに離婚する方法

    「借金の返済に追われる生活から抜け出したい……」、「なんとかして借金を減額できないだろうか……?」このような悩みをお持ちではないでしょうか? 結論からいいますと、借金は減額することが可能です。 ただし、当然ですが法律で認められた正当な方法で行わなければなりません。 今回は、債務整理によって借金を減額する方法について、新潟オフィスの弁護士が解説いたします。 ちなみに新潟県では、平成28年に1213件の破産申し立てが裁判所になされています。全国的に破産件数がピークにあった2003年ころと比較すると、その数はだいぶ減っているものの、県内でも借金で苦しんでいる人がまだ相当数いることは確かです。 債務整理にはいくつかの種類があります。メリット・デメリットなどを確認したうえで、それぞれの債務整理に向いているケースをご案内します。 出典:「新潟県統計年鑑 2017(司法・警察)」(新潟県庁)

  • 2019年01月18日
    • 離婚
    • 離婚後
    • 慰謝料
    離婚後、別れた元妻から慰謝料を請求された場合の対応方法とは!?

    離婚が成立した後になってから、婚姻中の不倫が発覚し突然、別れた元妻や、当時の不倫相手の夫から高額な慰謝料を請求される場合があります。不倫も離婚もすでに過去のことだからと請求を無視し続けていると、思わぬ不利な展開となり大きなリスクを負う可能性もあります。もし、離婚後に離婚前の不倫に対する慰謝料を請求されたら、まずは何をどう確認し、どう対応していくべきなのでしょうか。弁護士が解説していきます。

  • 2018年12月27日
    • 離婚
    • 離婚
    • 準備
    • 弁護士
    後悔しないために!本気で離婚を考えたら離婚前に準備したい5つのこと

    生涯の愛を誓い合って結婚したものの、配偶者と共に過ごす毎日の生活が辛い。 さまざまな要因があって、将来に不安しかない。 そうだ、離婚をしよう! 最初に配偶者に言わなければ……! そんな決意をしたあなたへ、まずは「ちょっと待った!」と言わせてください。 もちろん、離婚がいけないことだとは言いません。結婚したカップルのうち3分の1が離婚する時代ですし、ひたすら耐えるような時代はもう終わりました。 しかし、「とにかく別れたい」という衝動にかられたまま行動すると、泥沼化してしまうことが少なくありません。もし、スムーズに離婚できたとしても、後になって大きな問題が残ってしまうこともありえます。あらかじめ、離婚後の生活を見据えた準備をしておくことが重要なのです。 そこで、本コラムでは離婚後に後悔しないよう、配偶者に告げる前に必ず準備しておきたい5つの項目を中心に、弁護士が詳しく解説いたします。

  • 2018年12月13日
    • 離婚
    • 離婚
    • 子ども
    離婚するときの子どもへの伝え方は?離婚することを子どもに上手に伝える4つのコツ

    夫婦間で離婚が決まったときに、もしふたりの間に子どもがいれば、いつかは必ず離婚のことを伝えなければなりません。 しかし、子どもがショックを受けないか、と心配な方もいらっしゃるでしょう。 本コラムでは子どもへ離婚のことを伝えるときの注意点をはじめ、親権や養育費など離婚するときに夫婦間で決めておくべきことなどについて弁護士が解説いたします。

  • 2018年12月03日
    • 離婚
    • 慰謝料
    • 自己破産
    慰謝料請求した相手がまさかの自己破産!それでも請求する方法とは?

    離婚の際、慰謝料を支払ってもらう約束をしたのに、その後、相手が自己破産してしまったら、もはや払ってもらえなくなるのでしょうか? 確かに、離婚慰謝料は自己破産によって免責されてしまうことも多いのですが、場合によっては自己破産されても請求できる可能性があります。 今回は、離婚の際に慰謝料を取り決めたのに、相手が自己破産してしまい、「泣き寝入りするしかないの?」とお悩みの方のため、弁護士が法的な考え方と対処方法を解説します。

  • 2018年11月27日
    • 離婚
    • 生活費
    • 離婚
    • 専業主婦
    生活費をくれない旦那と離婚したいときに専業主婦が知っておくべきことと対処方法

    夫婦は経済的に互いに助け合う義務を負うので、配偶者に生活費を渡す義務があります。しかし、旦那が生活費を払ってくれないケースも多々あります。妻が専業主婦で収入がほとんどないのに生活費を払ってもらえないようだと、子どもとの生活も脅かされてしまいます。 その場合、「婚姻費用」の請求や「悪意の遺棄」として離婚請求することを検討しましょう。本記事では生活費を払ってくれない旦那への、離婚を含めた対処法について、弁護士が解説します。

  • 2018年11月26日
    • 離婚
    • 離婚
    • 慰謝料
    • 税金
    離婚の慰謝料に税金(贈与税、所得税)はかかるの? 養育費についても解説

    人生において大きな波乱のひとつである離婚。それだけでも体力気力を要する出来事ですが、慰謝料請求などを行うことになれば、さらにハードルが上がります。多大な時間をかけて慎重に交渉していくその工程は、決して楽なものではありません。 その結果、慰謝料を受け取れることが決まったとき、「慰謝料をもらっても、贈与税などの税金で大半をとられてしまうのでは?」「慰謝料って非課税?」などの疑問を抱く方は多いのではないでしょうか。 離婚という大波を乗り越え、慰謝料を受け取った、もしくは慰謝料を受け取ることが決定したのであれば、心置きなく受け取りたいものですよね。 そこで今回は、「離婚で受け取った慰謝料に税金はかかるのか?」という疑問について、具体的なケースごとに、弁護士が回答します。

  • 2018年11月13日
    • 離婚
    • 財産分与
    • 退職金
    • 熟年離婚
    財産分与は感情より勘定!熟年離婚で夫の退職金と年金の獲得方法と注意点

    長年連れ添ってきたけれど、もう限界……。 夫の定年退職に合わせて離婚したいと思っている場合、専業主婦の妻は夫にどのような財産を請求することができるのでしょうか。夫が多額の退職金を受け取る予定のある場合は、それを分けてもらうことはできるのでしょうか。熟年離婚における財産分与や注意点など、弁護士が解説していきます。

  • 2018年11月09日
    • 離婚
    • DV
    • 離婚
    暴力夫と離婚……どうやったら安全にDV夫から逃れられる?

    暴力夫と離婚する場合には、自分自身の身の安全を確保することを第一に考える必要があります。そのうえで、離婚や財産の分与などの問題をひとつひとつ解決していくことになります。 一人では解決が難しいこともありますが、夫婦間の暴力(DV)関係から逃れるための手続きや流れを弁護士が解説します。

  • 2018年10月19日
    • 離婚
    • 妊娠中
    • 離婚
    • 親権
    • 養育費
    妊娠中だけど「離婚したい!」親権や養育費について注意しておくべきこと

    夫の不倫が原因で妊娠中に離婚した場合、子どもの親権や戸籍はどうなるのでしょうか。慰謝料はもちろん、出産にかかる費用や出産後の当面の生活費、養育費などは請求できるのでしょうか。 本コラムでは、妊娠中の離婚にあたって妻が知っておきたいポイントや注意点を弁護士が解説していきます。

  • 2018年10月16日
    • 離婚
    • 離婚
    • 生活費
    離婚後の生活費が心配……。シングルマザーになる前に抑えておきたい公的支援制度

    「夫との生活に耐えられない、離婚したい! 」…と思っても、妻にとってはその後の生活費が心配で、離婚に踏み切れない場合もあると思います。特に子どもがいる場合は、どういった公的支援があるのか知っておくことも大切です。本コラムでは、離婚を考えている妻が知っておきたい離婚後の生活費の捻出方法や公的援助について、弁護士が解説していきます。

  • 2018年10月09日
    • 離婚
    • 浮気
    • 離婚
    • 調停
    夫の浮気にもう限界! 離婚話が進まない夫と離婚調停する方法

    夫の浮気癖がひどく、今まで我慢してきたけれど、もう限界!離婚したい、ということがあります。 しかし話し合いをしようとしても、夫がまともに対応しない場合、どうしたらよいのでしょうか? そんなときには裁判所の「調停」を利用して、調停委員や裁判官などの第三者を交えれば、解決できる可能性が高まります。 今回は、夫が浮気して協議離婚がうまくいかないときに、いかに離婚調停を成立させるかについて、弁護士が解説していきます。

  • 2018年09月21日
    • 離婚
    • 離婚
    • お金
    • 慰謝料
    • 養育費
    離婚後、夫の財産隠しが判明!今からでも財産分与を請求できる?

    離婚した後になって、元夫や元妻が現金や株式などの多額の財産を隠していた事実が判明するケースがあります。このようなとき、相手に対し改めて財産分与を請求することはできるのでしょうか?また、財産隠しによって何らかの犯罪が成立し、刑事責任を追及できるものでしょうか?
    本コラムでは、離婚後に相手による財産隠しが発覚した場合の対応方法を弁護士が解説します。

  • 2018年09月18日
    • 離婚
    • 離婚
    • 借金
    夫の借金を理由に離婚したい!離婚後の借金の扱いについて解説

    夫が借金を繰り返すので、耐えられなくなって離婚を希望する妻はたくさんいます。謝罪して「もう二度と借金しない」と誓ったにもかかわらず、また借金を繰り返されたら不信感を抱いてしまうのも当然です。しかし、夫の借金を理由に離婚した場合、その借金はどうなるのでしょうか?離婚後も妻が負担しなければならないのであれば、離婚したくないという方もいると思います。今回は、夫の借金が理由で離婚したときの財産分与における借金の取扱いについて、弁護士が解説いたします。

  • 2018年09月14日
    • 離婚
    • 離婚
    • 統合失調症
    統合失調症の夫や妻と離婚したいと考えた時に知っておきたいこと

    結婚した当初は、お互い健康状態に問題がなくても、結婚生活を送る中で、何かがきっかけで統合失調症などの精神疾患にかかる可能性は否定できません。配偶者が統合失調症になれば、配偶者は職を失ったり家での介護・看護が必要になったりします。統合失調症の治療には長い年月がかかるため、介護・看護をしている側が疲弊してしまい、離婚を考えるケースもあります。

    本記事では、統合失調症にかかった配偶者との離婚を考えた時に知っておきたいことについて解説していきたいと思います。

  • 2018年09月11日
    • 離婚
    • 子ども
    • 別居
    子どもの連れ去り別居は違法?親権獲得や連れ去り別居されたときの対処法

    帰宅したら、子どもの姿がない。
    保育園へ迎えに行ったら、すでに配偶者が連れて行ってしまっていた。
    配偶者が無断で子どもを連れ去り、別居をはじめてしまった……。

    夫婦が離婚を決意したとき、子どもがいる場合には、「どちらが子どもの親権を持つのか?」という点が問題となります。お互いに親権を持ちたい場合には、話合いが平行線となってしまうことも少なくありません。話合いがまとまらない結果、どちらかが勝手に子どもを連れ去り別居するという強硬手段を取るケースもあります。

    そこで今回は、連れ去り別居の違法性と連れ去られたときの対処法等を、離婚問題に詳しい弁護士が解説します。

  • 2018年09月07日
    • 離婚
    • 離婚方法
    離婚してくれない配偶者と離婚する方法を弁護士が解説

    夫や妻と離婚したいと考えたとき、相手に離婚の意思を伝えてもなかなか離婚してくれないケースがあります。 相手が離婚に応じてくれないとき、スムーズに離婚をすることができず、お困りの方も多いことでしょう。離婚してくれない夫や妻と離婚するためには、どのようにすれば良いのでしょうか? 今回は、夫や妻が離婚してくれないときに離婚する方法を、弁護士が解説します。

  • 2018年09月04日
    • 離婚
    • 離婚
    妻と離婚する方法と離婚する時に気をつけておきたいこと

    妻と離婚したいと思ったとき、子どものことやお金の問題が気になって、なかなか離婚に踏み切れない方が多いです。 離婚後後悔しないためには、どのような点に注意したら良いのでしょうか?今回は、妻との離婚が頭をよぎったときに確認しておきたいことや妻と離婚する方法や手順、相談先などについて、弁護士が解説いたします。

  • 2018年08月30日
    • 離婚
    • 離婚
    • 養育費
    離婚後でも養育費は請求できる!養育費をもらう方法や相場について

    子どものいる夫婦が離婚するときに、一刻も早く別れたいがために離婚時に「養育費はいらない」と言ってしまうケースや、そもそも養育費に関する取決めをしないで別れてしまうケースもあります。そのような場合、離婚後に養育費を請求することはできるのでしょうか。 本記事では、離婚後に養育費をもらえるのかどうか、また、養育費をもらう方法や相場について解説します。

  • 2018年08月27日
    • 離婚
    • 離婚
    • 面会交流
    面会交流で子どもと会うためには?手続きや弁護士に依頼するメリット

    現代では、子どもを抱えた夫婦が離婚を選択することは珍しくありません。日本では、現在、夫婦が離婚した場合に父母いずれかが子どもの親権を得る「単独親権」制度を採用しているため、夫婦のどちらか一方は子どもと離れて暮らすことになりますが、離婚しても親子で血のつながりがあることには変わりありません。別居している親が「子どもに会いたい」と思うのは当然のことです。 しかし、離婚によって子どもを引き取った元配偶者と険悪になってしまい、子どもとの面会がなかなかできないケースも珍しくありません。 今回は、別居している親が面会交流で子どもに会うための方法や、そのための手続きを弁護士に依頼するメリットについてお話したいと思います。

  • 1
  • 2
PAGE TOP