• 平日 9:30~21:00 / 土日祝 9:30~18:00
    ご相談の際はお近くのオフィスへのご来所が必要となります。

  • 離婚弁護士にお問い合わせはこちら
  • 離婚弁護士にお問い合わせはこちら
  • 離婚弁護士に無料相談 0120-666-694

弁護士コラム 離婚・男女問題SOS

養育費はいつまでもらえる?養育費の相場や期限について

2018年08月06日
  • 離婚
  • 養育費
  • 相場
養育費はいつまでもらえる?養育費の相場や期限について

離婚の際に養育費の支払いに関する取り決めをしたけれども、養育費はいつまで支払ってもらえるのか不安に感じられる方が多くいます。
養育費に関して、どのくらいの金額を支払ってもらえるのか、いつまで支払いが行われるのか、途中で相手が再婚したらどうなるのかなど、いろいろと気になることがあるかと思います。
今回は、子供の養育費をいつまで支払ってもらえるのか、支払いの期限や金額の相場について、弁護士が解説します。

1、養育費はいつまでもらえる?

まず、いつまで養育費を支払ってもらえるのか、確認しましょう。
この点については、養育費がどのような性質のものなのかを考えると、わかりやすいと思います。

  1. (1)養育費とは

    養育費とは、民法第766条1項の「子の監護に要する費用」のことをいいます。
    つまり、未成熟の子供を実際に監護養育するときにはいろいろとお金がかかるので、そういったお金を未成熟の子供の監護をしていない親が監護をしている親に支払うのです。
    離婚して自分が親権者にはならなかったという場合には、子供を実際に監護養育することはなくなりますが、当然には親子関係はなくなりませんし、親としての責任もなくなりませんので、「養育費」という形で負担しなければならないことになります。
    この養育費は「生活保持義務」という義務に基づくものといわれています。生活保持義務とは「自分と同等の生活を保障すべき義務」のことをいいます。自分の生活を犠牲にしない限度、すなわち、「余裕があるときに余剰のお金を援助すれば良い」というものではなく、ある程度までは自分の生活の余裕を削ってでも支払いをしなければならないものです。たとえば「今は生活に余裕がないから養育費は支払えない」などという主張は認められないことになります。

  2. (2)養育費はいつまで?支払い期間は「子供が成人する20歳まで」

    では、養育費はいつまで支払われるのでしょうか?

    養育費は「未成熟の子供を養育するための費用」です。そして、未成熟の子供とは、原則として20歳未満の子をいうとされています。そのため、養育費が支払われるのは「子供が20歳になるまでの間」です。これは、一般的には、子供が20歳に達する頃には自立して生計を立てられるようになっていることが多いため、そのような場合にはもはや親による扶養は不要であるという考え方に基づいています。

  3. (3)生活保持義務がなくなると、養育費の支払いは終了する

    他方で、子供が20歳に達するまでに就職し、経済的に自立している場合には、子供が20歳未満であっても親による養育は不要だと判断され、親の子供に対する生活保持義務がなくなり、養育費の支払いが不要となる場合もあります。
    たとえば、子供が高校卒業後すぐに就職し、現在では経済的に自立している場合には、子供が未だ20歳未満であっても、養育費の支払いは終了することもあり得ます。

    以上が「養育費の支払いはいつまで?」という質問に対する基本的な答えとなります。

2、養育費はいつまで?子供が20歳を超えても受け取れるケースとは

では、子供が20歳になると、それ以後は一切養育費をもらうことができないのでしょうか?
最近では、大学や大学院、専門学校などに進学する人が増えており、20歳を超えても子供が経済的に自立できないケースが多いといえます。また、心身に障害があるなどの事情で、経済的な自立が難しいケースもあるでしょう。そのようなとき、養育費の支払い終期を延ばすことはできないのか、見てみましょう。

  1. (1)子供が大学に進学するケースではいつまでか

    大学進学などの事情がある場合には、夫婦間での話し合いにより、子供の年齢が20歳を超えても養育費を支払うという定めをすることができます。
    たとえば、協議離婚するときに「子供が大学に進学する場合には、大学を卒業する月まで養育費を支払う」という取り決めをすることもできます「子供が22歳に達した後に到来する3月末日までを養育費の支払い期間とする」ことも可能です。「卒業」ではなく「22歳に達した後に到来する3月末日」までとするのは、子供が浪人や留年した場合には、その分は面倒を見られないという意味合いです。
    養育費の支払い期間をいつまでにするか、具体的な取り決め方法については、各夫婦の考え方や生活状況があるでしょうから、夫婦間でよく話し合って決める必要があります。
    なお、裁判所が養育費の支払いに関する判断を出すときには、子供が大学に進学する可能性があるとしても「20歳に達する月まで」とされることが通常です。ただし、すでに子供が大学に進学しているケースなどでは、卒業時までの養育費支払命令が出ることもあります。

  2. (2)子供に障害があるケースではいつまでか

    子供の心身に障害があって、20歳になっても働けない場合がありますが、このような場合、養育費はいつまでになるのでしょうか?

    まず、父母の話し合いにより、養育費支払期間を20歳よりも延ばすことができます。
    また、裁判所が判断をするときにも、養育費支払期間を20歳以上に延ばし、その代わり金額を減額することで調整される例があります。

3、養育費を受け取る側が再婚したら支払ってもらえない?

養育費の支払期間に関して、「養育費を受け取っている側が再婚したら、養育費をもらえなくなるのか?」と心配される方が多くいらっしゃいます。

  1. (1)基本的に、再婚しても養育費の支払義務は消滅しないのか

    離婚時の年齢が若い夫婦の場合、再婚の可能性も高いでしょう。
    まず、養育費を支払う側や受け取る側が再婚しても、父母と子供との関係がなくなるわけではないので、養育費支払い義務は消滅しません。
    ただし、養育費を受け取っている側(たとえば母親)が再婚したときに、子供と再婚相手との「養子縁組」をすることあります。この場合の養子縁組は、役所に届け出る手続きも簡単なので、あまり深く考えずに再婚相手と子供との養子縁組をされる方もいます。

  2. (2)再婚相手と養子縁組すると、相手の養育費支払い義務がなくなるのか

    しかし、いったん子供と実親以外の人が養子縁組すると、新しい親に子供に対する扶養義務が発生します。
    つまり、養子縁組により、子供には親(たとえば父親)が2人いる状態となりますが、このとき、子供と一緒に暮らしている養親は、非監護親である実親よりも、扶養義務の優先度が高くなります。
    そこで、再婚時に子供と再婚相手を養子縁組した場合、再婚相手に子供を扶養できるだけの収入や資力があれば、非監護親である実親の養育費を負担する必要はないと判断されることがあります。

4、養育費の支払い義務者が再婚したら、その後の養育費は減額される?

養育費の支払い義務者が再婚するケースでは養育費はいつまで支払われるのでしょうか?
義務者の再婚によって養育費支払い義務が消滅するのかが問題となります。

  1. (1)養育費支払義務者が再婚した場合の基本的な考え方

    養育費の支払いは通常長期間にわたって行われるため、離婚後の事情の変更を考慮することも必要になります。
    そして、養育費を支払っている義務者が再婚すると、その人は「自分の新しい配偶者」を扶養しなければならない義務も負います。つまり、再婚相手である妻の婚姻費用を負担する必要があります。
    しかし、再婚したからと言って義務者の収入が増えるわけではありませんから、以前と同じ収入を、子供と再婚相手である配偶者に割り振らないといけません。そうすると、子供に対する養育費は、従前の取り決めよりも減額される可能性があります。
    義務者と再婚相手との間に子供ができると、新しい子供の扶養義務も負担しなければならないので、以前の子供に対する支払金額がさらに減らされてしまう可能性もあります。

    このように、養育費支払義務者が再婚しても、養育費の支払い義務がなくなるわけではありませんが、新しい家族の扶養義務が考慮され、従前の取り決めよりも養育費が減額されてしまう可能性があります。

  2. (2)養育費を減額するための手続き

    これまでに説明してきたように支払い義務者の再婚によって養育費の金額が減る可能性はありますが、再婚した月から、当然に養育費が減額されるわけではありません。
    まず、当事者間の話し合いにより新たな合意がまとまる場合には、当事者間の合意により養育費の減額に関する新たな取り決めをすることができます。
    次に、当事者間の話し合いでまとまらない場合には、家庭裁判所で「養育費減額調停」を行い、その手続き内で、養育費の金額を決め直す必要があります。

  3. (3)養育費が減額されるその他の事情変更

    養育費が減額される事情としては、再婚のほかにも考えられます。たとえば、支払い義務者が病気やケガをして仕事ができなくなったり、解雇されたりして著しい減収が発生したりするような場合には、養育費支払い義務が減額されたり、義務そのものがないと判断されることがあります。
    こういったケースでも、調停外の話合いや養育費減額調停によって、養育費の支払い条件(金額やいつまでかという点)を、決め直すことになります。

  4. (4)養育費減額調停が成立しないと「審判」となる

    養育費の減額を求められたり、養育費減額調停を起こされたりしたとき、納得できずに減額に応じない方がいます。その場合、最後まで減額請求に応じないと養育費の金額はどうなるのでしょうか?
    調停においても、当事者間で養育費の金額に関する折り合いがつかない場合には、養育費減額調停が「審判」に移行します。審判になると、審判官が、ケースに応じて妥当な養育費の金額を決定することになります。
    相手方による減額の主張に理由があれば、減額が認められてしまうこともありますし、理由がなければ減額はされないことになります。また養育費がいつまで支払われるべきかという支払い終期についての争いがある場合にも、審判によって決めてもらうことができます。
    つまり、養育費減額調停で「絶対に減額しない」と主張していても、裁判所の判断で減額されてしまう可能性はあるということです。不利益を受けないためには、法律に詳しい弁護士に対応を依頼した方が良いでしょう。

5、養育費の金額の相場

養育費の支払いをいつまで受けられるかは理解できても、具体的に養育費を「いくらにすればよいか」が問題です。
以下で、養育費の支払い相場を確認しましょう。

養育費の金額は、養育費の支払う側と受け取る側(親権者、監護者)それぞれの収入状況によって異なります。 支払う側の収入が高ければ養育の金額が上がりますし、受け取る側の収入が高ければ養育費の金額は下がります。
詳しい計算方法はありますが、実際にはいちいち計算式にあてはめて計算するのではなく「養育費の算定表」を用いて相場を把握しています。
養育費の算定表とは、夫婦の収入状況や子供の人数、年齢による養育費の相場の金額を定めた表です。家庭裁判所が養育費の金額を決めるときにも、この養育費の算定表を利用します。
たとえば、0~14歳の子供が1人いる夫婦において、夫がサラリーマンで年収が500万円、妻がパートで年収100万円というケースでは、養育費の金額の相場は、毎月4万円~6万円となります。
こういった相場の金額を調べた上で、自分たちで話し合いをして、その範囲内で具体的な養育費の金額を決定することとなります。

6、離婚後、養育費をしっかり受け取るためには公正証書を作成する

養育費の金額や、いつまで支払いをするかという支払い条件について取り決めをしても、その後支払いを受けられなくなってしまっては意味がありません。
養育費の不払いを防ぐためには、養育費をはじめとした離婚条件の取り決めを「公正証書」にしておくことが重要です。
公正証書にして執行受諾文言を入れておけば、相手が養育費の不払いをしたときに、すぐに相手の預貯金や生命保険、給料等を差し押さえることができるからです。給料を一度差し押さえたら、相手が仕事を辞めない限り、延々と、毎月支払いを受け続けることができますし、ボーナスも差押え対象となるのでとても効果的です。
もしも公正証書がなかったら、相手が不払いを起こしたときに、いちいち養育費調停を起こさねばなりませんし、相手との合意が整わず調停が不成立となった場合には、審判の手続によって、裁判所から相手に対して支払いを命じる審判を出してもらわなければなりません。しかし、その間に、相手が仕事を辞めてしまったり、財産を隠してしまったりするおそれもあります。

また、離婚後に養育費の金額を決め直したときにも、公正証書を作り直しておくべきです。そうしないと、新たな取り決めにもとづく強制執行ができないからです。
公正証書の作成方法や養育費をいつまで支払ってもらうかなど、必要事項がよくわからない場合には、専門家である弁護士に相談しましょう。

まとめ

離婚後、養育費を確実に支払ってもらうためには、離婚時に養育費の支払期間や金額を取り決めて、公正証書にしておくことが重要です。
万一、相手が養育費の不払いをした場合には、すぐに相手の給料や資産を差し押さえることができます。
養育費の支払期間や支払金額について、当事者間で交渉をしてもうまくいかないときや、実際に養育費が支払われるのかという点に不安がある場合には、法律の専門家である弁護士に相談することをお勧めします。
ベリーベスト法律事務所でも、離婚相談に積極的に取り組んでいますので、お困りの際には、是非ご相談下さい。

同じカテゴリのコラム(離婚)

  • 2018年08月16日
    • 離婚
    • 子ども
    • 引き渡し
    奪われた子どもを取り戻したい!子の引渡し請求について弁護士が解説

    離婚の話し合いを進めている中で子どもの親権について争いが発生すると、時折、配偶者が子どもを連れ去ってしまうことがあります。 別居している配偶者に子どもを連れ去られると、子どもがどこに行ったのかわからなくなってしまったり、その後一切面会させてもらえなくなったりすることも多く、そのような状況でお困りの方は少なくありません。このような場合、速やかに弁護士に依頼して「子の引渡し請求」という手続きを行うことをおすすめします。 今回は、子の引渡し請求の方法や手順、手続きを弁護士に依頼するメリットなどをご案内します。

  • 2018年08月13日
    • 離婚
    • 仮面夫婦
    • 離婚
    もしかしてあなたも仮面夫婦かも?離婚を考えた時に知っておきたいこと

    外では普通の夫婦として振る舞っていても、実際にはお互いにまったく関心を失っている夫婦の形があります。その場合、「仮面夫婦」と言われる状態かも知れません。 仮面夫婦のまま、婚姻生活を続けるのも1つの方法ですが、離婚して新たな人生をやり直すのも選択肢の1つです。 今回は、そもそも仮面夫婦とはどのような状態であり、離婚をすると、どういったメリットとデメリットがあるのか、さらには仮面夫婦が離婚を進める方法について、解説します。

  • 2018年08月08日
    • 離婚
    • 不倫
    • 慰謝料
    慰謝料を支払わない浮気相手に請求する方法とは?

    配偶者が浮気したら、浮気相手に慰謝料請求できますが、浮気相手が慰謝料を支払わない場合があります。 もしも「払わない」と言われたら、まずは慰謝料請求ができるケースなのかできないケースなのか、確認しなければなりません。 また、慰謝料を支払わせるためのコツや交渉方法があります。 今回は、慰謝料を払わない浮気相手に対し、効率的に慰謝料請求する方法について、弁護士が詳しく解説します。

PAGE TOP