• ご相談の際はお近くのオフィスへのご来所が必要です。
    受付 平日 9:30~21:00 / 土日祝 9:30~18:00

  • 離婚弁護士にお問い合わせはこちら
  • 離婚弁護士にお問い合わせはこちら
  • 離婚弁護士に無料相談 0120-666-694

弁護士コラム 離婚・男女問題SOS

  • 2018年11月26日
    • 離婚
    • 離婚
    • 慰謝料
    • 税金
    離婚の慰謝料に税金(贈与税、所得税)はかかるの? 養育費についても解説

    人生において大きな波乱のひとつである離婚。それだけでも体力気力を要する出来事ですが、慰謝料請求などを行うことになれば、さらにハードルが上がります。多大な時間をかけて慎重に交渉していくその工程は、決して楽なものではありません。 その結果、慰謝料を受け取れることが決まったとき、「慰謝料をもらっても、贈与税などの税金で大半をとられてしまうのでは?」「慰謝料って非課税?」などの疑問を抱く方は多いのではないでしょうか。 離婚という大波を乗り越え、慰謝料を受け取った、もしくは慰謝料を受け取ることが決定したのであれば、心置きなく受け取りたいものですよね。 そこで今回は、「離婚で受け取った慰謝料に税金はかかるのか?」という疑問について、具体的なケースごとに、弁護士が回答します。

  • 2018年11月22日
    • 不倫
    • 不倫
    • 浮気
    • 問い詰める
    浮気の事実を知ったら、相手を問い詰める前に弁護士に相談すべき理由

    女性からの離婚申し立て動機で3番目という統計が出ている「夫婦間の異性関係問題」。それほど「浮気」、「不倫」と呼ばれる異性問題は、夫婦関係に深い影を落とすものであるといえます。 精神的ダメージも大きく、冷静ではいられない事態でしょう。しかし、今後のことを考えると「いつ行動するのか」というタイミングが重要です。配偶者の浮気に対峙したとき、あなたが、どの段階で、どのような行動をとったか、によって訪れる将来に大きな差が出るケースも少なくありません。 配偶者の浮気を確信したとき、とるべき対応について、ぜひ知っておいてください。

  • 2018年11月20日
    • 不倫
    • 既婚者
    • 不倫
    • 慰謝料
    既婚者とは知らずだまされて不倫!交際相手の妻から慰謝料請求をされた場合の対処法

    独身だと思って交際していた相手が実は既婚者だった……。既婚の事実を告げられず、結婚を前提に付き合っていたのに、私は慰謝料を支払わなければいけないのでしょうか。 だまされて付き合っていたのであれば慰謝料を支払う必要がない場合もあり、状況によっては交際相手の男性に慰謝料請求することも可能です。 本コラムでは、相手が既婚者だと知らずに交際していた場合の不倫慰謝料請求についてと、交際相手への慰謝料請求の可能性について、弁護士が解説していきます。

  • 2018年11月16日
    • 不倫
    • 不貞行為
    • 内容証明
    • 不倫慰謝料
    不貞行為(不倫)がバレて、内容証明郵便で不倫慰謝料請求が届いたら。

    ある日突然、不貞慰謝料を請求する内容証明郵便が届いたら誰だって驚くものです。そんなときは慌てて行動してあとから後悔しないように、一度冷静になって弁護士などに相談するのがベストです。 今回は、慰謝料請求の内容証明郵便が届いたときに知っておきたい基礎知識について、弁護士が解説します。

  • 2018年11月13日
    • 離婚
    • 財産分与
    • 退職金
    • 熟年離婚
    財産分与は感情より勘定!熟年離婚で夫の退職金と年金の獲得方法と注意点

    長年連れ添ってきたけれど、もう限界……。 夫の定年退職に合わせて離婚したいと思っている場合、専業主婦の妻は夫にどのような財産を請求することができるのでしょうか。夫が多額の退職金を受け取る予定のある場合は、それを分けてもらうことはできるのでしょうか。熟年離婚における財産分与や注意点など、弁護士が解説していきます。

  • 2018年11月09日
    • 離婚
    • DV
    • 離婚
    暴力夫と離婚……どうやったら安全にDV夫から逃れられる?

    暴力夫と離婚する場合には、自分自身の身の安全を確保することを第一に考える必要があります。そのうえで、離婚や財産の分与などの問題をひとつひとつ解決していくことになります。 一人では解決が難しいこともありますが、夫婦間の暴力(DV)関係から逃れるための手続きや流れを弁護士が解説します。

  • 2018年11月06日
    • 不倫
    • 既婚者
    • 交際
    既婚者と交際した場合の法的リスクとは!?

    あなたが既婚者と交際しているのなら、それは「彼女のいる彼氏」と付き合っているのとは全く別の問題です。 結婚している相手との交際は不倫であり、もし肉体関係を持ってしまうと、法律用語で不貞行為というものにあたります。そして、交際相手の配偶者から慰謝料請求を受けるリスクがあります。 本コラムでは、既婚者と交際をした場合の法的リスクについて弁護士が解説していきます。

  • 2018年10月31日
    • 不倫
    • 浮気相手
    • 特定
    夫の浮気相手がわからない! 相手を特定する方法や注意点とは!?

    夫が浮気していることが確実でも、浮気相手が誰か分からないケースが多々あります。その場合、探偵や弁護士に依頼する方もいれば、自分でなんとか浮気相手を見つけ出そうとする方もいます。 自分で探す場合、間違った手段をとると、被害者であるあなたの方に責任が発生してしまうケースもあるので要注意です。 本コラムでは、浮気相手を探す方法や法的な問題点、注意点について弁護士が解説していきます。

  • 2018年10月29日
    • 不倫
    • 不貞行為
    • 慰謝料
    • 時効
    浮気が発覚したときに押さえておきたい不貞行為の慰謝料請求と時効

    「妻(夫)には『悪い』と思いながらも、不倫の関係を続けてしまっている……」 「いずれは妻(夫)と離婚して、不倫相手と結婚したい」 そんなときに気になるのは、不倫が知られてしまった場合の慰謝料の金額ではないでしょうか? また不倫が知られずに済んで離婚することができたとしても、時効等が成立するまでは慰謝料を請求される可能性がありますので、時効期間等も気になるところかと思います。今回は、 弁護士が不倫慰謝料の相場と不貞行為の時効等について解説します。

  • 2018年10月23日
    • 不倫
    • 不倫
    • 慰謝料
    • 500万
    不貞行為(不倫)の慰謝料として別居中の妻から500万請求された! 減額や回避の方法は?

    不倫をし、妻から500万円の不倫慰謝料の請求をされたら、どう対応したら良いのでしょうか? 「自分が悪いのだから、妻から言われるがまま支払いに応じるしかない」と考える方がおられますが、一概にそういうわけでもありません。 なぜなら、妻による請求額が高額すぎるケースがあるからです。また、そのようなケースでは、妻自身も減額を見越して多めに請求している事案も多々あります。そのため、高額すぎる慰謝料は「相場の金額」に抑えることが可能です。 今回は不貞行為の慰謝料として500万円を請求されたとき、減額する方法や支払いを回避する方法について、弁護士がアドバイスします。

  • 2018年10月19日
    • 離婚
    • 妊娠中
    • 離婚
    • 親権
    • 養育費
    妊娠中だけど「離婚したい!」親権や養育費について注意しておくべきこと

    夫の不倫が原因で妊娠中に離婚した場合、子どもの親権や戸籍はどうなるのでしょうか。慰謝料はもちろん、出産にかかる費用や出産後の当面の生活費、養育費などは請求できるのでしょうか。 本コラムでは、妊娠中の離婚にあたって妻が知っておきたいポイントや注意点を弁護士が解説していきます。

  • 2018年10月16日
    • 離婚
    • 離婚
    • 生活費
    離婚後の生活費が心配……。シングルマザーになる前に抑えておきたい公的支援制度

    「夫との生活に耐えられない、離婚したい! 」…と思っても、妻にとってはその後の生活費が心配で、離婚に踏み切れない場合もあると思います。特に子どもがいる場合は、どういった公的支援があるのか知っておくことも大切です。本コラムでは、離婚を考えている妻が知っておきたい離婚後の生活費の捻出方法や公的援助について、弁護士が解説していきます。

  • 2018年10月12日
    • 不倫
    • 不貞行為
    • 不倫
    • 慰謝料
    どこからが不貞行為? 不倫慰謝料を請求できるケースと方法について

    配偶者が不倫をしたら、不倫相手に慰謝料請求をしようと考えるのも当然ですが、「不倫」が行われても、必ずしも慰謝料請求できるわけでありません。 不倫で慰謝料を請求するには「不法行為」が成立する必要があるのです。 それでは、どのような状況なら「不法行為」と言えるのでしょうか? 今回は実際のケースも例に挙げながら、不倫慰謝料の請求方法や必要な証拠について、弁護士が解説していきます。

  • 2018年10月09日
    • 離婚
    • 浮気
    • 離婚
    • 調停
    夫の浮気にもう限界! 離婚話が進まない夫と離婚調停する方法

    夫の浮気癖がひどく、今まで我慢してきたけれど、もう限界!離婚したい、ということがあります。 しかし話し合いをしようとしても、夫がまともに対応しない場合、どうしたらよいのでしょうか? そんなときには裁判所の「調停」を利用して、調停委員や裁判官などの第三者を交えれば、解決できる可能性が高まります。 今回は、夫が浮気して協議離婚がうまくいかないときに、いかに離婚調停を成立させるかについて、弁護士が解説していきます。

  • 2018年10月03日
    • 不倫
    • 浮気
    • 示談
    夫の浮気相手と示談交渉をするときに知っておきたいこと

    夫がまさかの浮気! 離婚はしないけれど、もちろん許せるはずもない。 大人として、しっかり償ってもらうと同時に、関係も断ち切ってほしい。 そのように考える方は、決して少なくありません。 浮気相手に償いを求める場合は、法律的には慰謝料を請求することになるのですが、裁判などのおおごとにしたいわけではない……とためらう方も多いでしょう。 そこで、今回は浮気相手に不倫慰謝料請求をする場合に知っておきたい示談交渉の進め方や手順について、弁護士が解説します。ぜひ参考にしてください。

  • 2018年09月27日
    • 不倫
    • 別居・浮気・慰謝料
    別居中に浮気をしたら慰謝料を請求される?

    不仲が原因の別居中に、もしも浮気をしてしまったら…慰謝料は発生するのでしょうか。「既に婚姻関係が破たんしているのだから浮気しても大丈夫」と思っていると突然、配偶者から慰謝料を請求され、慌ててしまうというケースもあります。 本コラムでは、慰謝料を支払わなければならない「法的な浮気」の定義をはじめ、別居中の浮気に関する慰謝料について弁護士が解説します。

  • 2018年09月21日
    • 離婚
    • 離婚
    • お金
    • 慰謝料
    • 養育費
    離婚後、夫の財産隠しが判明!今からでも財産分与を請求できる?

    離婚した後になって、元夫や元妻が現金や株式などの多額の財産を隠していた事実が判明するケースがあります。このようなとき、相手に対し改めて財産分与を請求することはできるのでしょうか?また、財産隠しによって何らかの犯罪が成立し、刑事責任を追及できるものでしょうか?
    本コラムでは、離婚後に相手による財産隠しが発覚した場合の対応方法を弁護士が解説します。

  • 2018年09月18日
    • 離婚
    • 離婚
    • 借金
    夫の借金を理由に離婚したい!離婚後の借金の扱いについて解説

    夫が借金を繰り返すので、耐えられなくなって離婚を希望する妻はたくさんいます。謝罪して「もう二度と借金しない」と誓ったにもかかわらず、また借金を繰り返されたら不信感を抱いてしまうのも当然です。しかし、夫の借金を理由に離婚した場合、その借金はどうなるのでしょうか?離婚後も妻が負担しなければならないのであれば、離婚したくないという方もいると思います。今回は、夫の借金が理由で離婚したときの財産分与における借金の取扱いについて、弁護士が解説いたします。

  • 2018年09月14日
    • 離婚
    • 離婚
    • 統合失調症
    統合失調症の夫や妻と離婚したいと考えた時に知っておきたいこと

    結婚した当初は、お互い健康状態に問題がなくても、結婚生活を送る中で、何かがきっかけで統合失調症などの精神疾患にかかる可能性は否定できません。配偶者が統合失調症になれば、配偶者は職を失ったり家での介護・看護が必要になったりします。統合失調症の治療には長い年月がかかるため、介護・看護をしている側が疲弊してしまい、離婚を考えるケースもあります。

    本記事では、統合失調症にかかった配偶者との離婚を考えた時に知っておきたいことについて解説していきたいと思います。

  • 2018年09月11日
    • 離婚
    • 子ども
    • 別居
    子どもの連れ去り別居は違法?親権獲得や連れ去り別居されたときの対処法

    帰宅したら、子どもの姿がない。
    保育園へ迎えに行ったら、すでに配偶者が連れて行ってしまっていた。
    配偶者が無断で子どもを連れ去り、別居をはじめてしまった……。

    夫婦が離婚を決意したとき、子どもがいる場合には、「どちらが子どもの親権を持つのか?」という点が問題となります。お互いに親権を持ちたい場合には、話合いが平行線となってしまうことも少なくありません。話合いがまとまらない結果、どちらかが勝手に子どもを連れ去り別居するという強硬手段を取るケースもあります。

    そこで今回は、連れ去り別居の違法性と連れ去られたときの対処法等を、離婚問題に詳しい弁護士が解説します。

PAGE TOP