ベリーベスト法律事務所 弁護士による離婚・男女問題相談

婚姻費用とは

Question

Q_person

婚姻費用とは何ですか?

Answer

A_person

離婚すると決めて別居したけれど、専業主婦なので収入がない。そんな場合に、離婚が成立するまでのあなた(連れて出た子どもも含む)の生活費の一部を相手に請求できる費用のことを婚姻費用といいます。

民法第752条に「夫婦は同居し、互いに協力し扶助しなければならない」とあり、夫婦は互いに扶養する義務があります。そのため離婚の話合いをしている最中でも、収入の多い方が、収入の少ない方を扶養する必要があります。これを「婚姻費用の分担」と言います。

離婚前は、配偶者(主に妻)を養う義務がありますので、離婚後の養育費(子どもを養う費用)に比べて、高額になる傾向があります。

婚姻費用の相場は、当事者の話し合いによって金額を決める場合はいくらであっても構いません。

負担額の計算では、養育費と同様に、支払うべき者の年収と支払いを受ける者の年収をもとに算定する裁判所の簡易計算シート がありますが、これもやはり調停や審判になった場合の目安です。夫婦間で、生活費をいくら負担するかを話し合いますが、決着できない場合は裁判所での調停・審判によって決めてもらうことになります。

収入状況によってさまざまですが、裁判所や弁護士が目安とするのは、「婚姻費用の算定表」です。源泉徴収票など、双方の収入が分かる資料があれば、弁護士で目安となる金額をお伝えすることができます。

一般的には、離婚の話合いの前に、婚姻費用の分担の話合いをして、当面の生活費について約束を交わしてから、離婚についてじっくり話し合うこととなります。


PAGE TOP