ベリーベスト法律事務所 弁護士による離婚・男女問題相談

離婚後、親権がないが子供に会いたい

Question

Q_person

妻と離婚について合意していますが、離婚したら子供には合わせないと主張しています。子供に会うことはできないのでしょうか。

Answer

A_person

親権はなくても、一緒に時間を過ごす権利が認められています。

離婚で夫婦は他人となりますが、親権をどちらの親が持とうと、親子関係が消滅することはありません。そのため、離婚によって、親権者とならなかった親については、未成年の子供と会って、一緒に時間を過ごす権利というものが認められています(面接交渉権)。

ただし、面接交渉権があるとはいえ、「子の福祉、または子の利益」が最優先されますので、親と面接交渉することで子供に悪影響を与えると判断されてしまうと、その権利も制限を受けることになります。たとえば、離婚の原因が、親から子供に対する暴力の場合には、面接交渉は認められにくいでしょう。

さらには、親と離れて新しい環境で生活に馴染んでいこうとしている子供に悪影響を与えると考えられるようなケースでも面接交渉が制限されることもあります。

調停であれば、弁護士が同行することも、弁護士があなたの思いを代わりに主張することもできますので、遠慮なく弁護士にご相談ください。


PAGE TOP