ベリーベスト法律事務所 弁護士による離婚・男女問題相談

慰謝料を求める際の注意点

Question

Q_person

実際に慰謝料を求める際に、何を注意すればよいのでしょうか。

Answer

A_person

慰謝料について話し合いがまとまらなかった場合、訴訟(裁判)で解決を図ることになります。そして、訴訟では話し合いとは違い、自分の主張を裁判官に認めてもらうには、相手方によって精神的な損害を受けたという証拠を提出しなければなりません。

たとえば、浮気相手と一緒に写っている写真、浮気相手からのメールや手紙、暴力を受け怪我をしたときの診断書、暴力を受けたときの状況の記録(メモ)、クレジットカードの請求などが考えられます。浮気をされた、暴力を受けたなどがあった場合は将来の慰謝料請求に備えてこれらの証拠を取っておくようにする必要があります。

慰謝料はいつまででも請求できるわけではありません。不倫やDVについての慰謝料は、損害と加害者を知ってから3年以内、すなわち、不倫であれば不倫の事実と不倫相手を知ってから3年以内に請求しなければなりません。また、離婚自体についての慰謝料については離婚したときから3年以内に請求する必要があります。この期間を超えると一切の請求ができなくなるので、早めに請求するようにしましょう。

慰謝料の相場については、裁判では、精神的苦痛や有責性の度合い、当事者の経済状況や婚姻期間等を総合的に考慮して決定しますので、弁護士に相談することをお勧めします。

慰謝料請求は、最終的には訴訟に至る可能性もあり、それに備えて証拠など様々な準備が必要です。したがって、任意の話し合いの段階から弁護士を利用して請求をしていくことが望ましいといえます。

特に相手方に弁護士が付いている場合は、一方的に不利な条件を知らぬまに押しつけられたりしている可能性があるので特に注意が必要です。


PAGE TOP